日々の甲虫雑感(2001年 4月・下旬)

カミキリ多産県

日本には800種あまりのカミキリが生息していることは前にも述べた。

さて、46都道府県のうち、どこの県が最も生息種が多いのだろうか?

ある雑誌によれば、亜種を除いた場合「鹿児島県」が最多種であり、亜種を含めれば他県は足下にも及ばないそうだ。鹿児島県はあまたの離島を抱える県であり、当然といえば当然と言える。とにかく、カミキリ相は非常に厚いとのことで、まさに独り勝ち状態である。

では、No.2 は何県であろうか?

これが、意外なことに「東京都」であるという。住民の私にとっては青天の霹靂のごとく、ある意味衝撃であった。高尾山をはじめ、奥多摩方面などが多産地とは聞いていたが、さすがに全国で2番目とは思わなかった。それも、鹿児島県と同様に多数の離島を抱える沖縄県を出し抜いてとはすごい。

もっとも、やや古い記事であったため、現段階では違うのかも知れないが、東京都がトップ5から脱落することはおそらくないであろう。

う〜〜ん、本当に意外だった。


2001.04.21 (Sat) ● 何気に土曜日は全滅

今年に入って、土曜日が軒並み仕事で潰れている。

これからシーズンというのに、あまり好ましい状況ではない。

そろそろ知恵を振り絞って、土曜日を確保する必要がありそうだ。

● 「小型種の城」を更新

ルリ属の写真を中心に撮影し直した。

 → 『小型種の城

---------------------------------------

う〜〜ん、後で別のモニタで確認したら、写真が全般的に暗くなっていた...。

液晶で見ると奇麗だったんだけどな〜。

まあ、気長に画質の調整を行うしかないか...。

というわけで、しばらくはこのままです。


2001.04.22 (Sun) ● ART GALLERY

お気づきの方もいらっしゃると思うが、「ART GALLERY」というコーナーをこっそり作った。

このコーナーでは、過去に採集した甲虫標本を紹介していきたいと思う。

標本写真に若干の処理を加え、甲虫が元来持つ「美しさ」や「雄々しさ」を今までと違った角度から表現できたらと思っている。

不定期の更新となりますが、たまに覗いてみてください。

 → 『aRt gALLERy


2001.04.23 (Mon) ● 回顧

ここ2日かけて、自分の採集記をすべて読み返してみた。

なかでも、最初の頃のものは本当に懐かしい。

採集の仕方、文章の書き方、写真の撮り方などなど、あらゆる面が今とは大きく違っていて、ある意味「粗削り」であり、自分のスタイルを模索するゆえどことなく「ぎこちない」印象を受ける。今では絶対にあんな書き方はしない、という個所も多い。

あわや文体の手直しをしてしまいそうだが、これはこれで手を付けないのがスジだろう。

今後も自分の変遷を実感するための良い材料として、このまま残しておきたい。


2001.04.24 (Tue) ● 茨城産カミキリ、そろそろシーズンイン?編

すっかり暖かくなり、各地でカミキリが採集され始めたようである。

茨城県ではどうかわからないが、そろそろ採れてくれないと私も虚しい...。

というわけで、県内多産ポイントと言われる場所を訪れてみた。

採集記 → 『ここ


2001.04.25 (Wed) ● カミキリ大図鑑購入記

「日本産カミキリ大図鑑」を購入するにあたり、一連の顛末を文章にしてみた。

文章として面白いものではないですが、暇な方はご覧ください。

 → 『日本産カミキリ大図鑑がやってきた!


2001.04.26 (Thu) ● ゴールデンウイーク

今年のGWはあまり休みがとれない...。

GW直前の現在も溜まった仕事に追われている始末で、全てを終わらせることは量的に無理だろう。

GW中に持ち越す可能性が大である。

が、まったく採集へ行かないのも悔しいので、なんとか時間を作るつもりでいる。

さあ、どこへ行こうかな...。


2001.04.27 (Fri) ● 66666

クワ道さんのページを覗きに行ったら、66666アクセスに当たった。

私は何と言っても、クワ道さんのパワフルな行動力、そして軽快な語り口でさくっと流れる採集記が大好きである。

今週はどこへ行くのだろうか?


2001.04.28 (Sat) ● 悶々と

GWに突入したのはいいが、今日は所用のため身動きとれず。

天気が悪いのがせめてもの救いか...。


2001.04.29 (Sun) ● クワ(桑)

今日は実家へ行ったのだが、近所に「ヤマグワ」が生えていたので観察してみた。

ヤマグワは、「オニホソコバネカミキリ」、「トラフカミキリ」、「イッシキキモンカミキリ」、そして名前の通り「クワカミキリ」など、種々のカミキリが集まる植物なのである。

同じ木であっても、上の方にはあまり特徴の無い葉が、そして下の方には切れ込みのある葉が付いていた。

幹には、何ヶ所か虫が羽脱したと思われる穴が開いてるのを発見した。

カミキリの仕業かもしれない。
果実は相当数が実っており、夏には成熟して色が黒ずんでくるらしい(甘くて美味しいとのこと)。

この果実は「ドドメ」呼ばれ、その黒ずんだ色のことを「ドドメ色」と言うそうだ。

なるほど...。


2001.04.30 (Mon) ● 最悪の天気

せっかくの連休なのに、天気がすこぶる悪い。

明日は大丈夫だろうか?

予報によれば雨は降らないものの、最高気温が16度と低く、カミキリ採集にはちょっと厳しいかも知れない。

運良くメインターゲットが採集できればいいが...。


日々の甲虫雑感(2001年度 目次)前ページ(4月・ 中旬)次ページ(5月・上旬)へ続く|ホーム