2001年度 採集記(福島県 カミキリ編 -4-)
2001.06.24 (Sun)

福島県 南会津郡

   天気:雨のち晴れ
   気温:18.4 〜 23.5 度
   湿度:78 %
   風力:2(軽風)
● 晴れた!!!

ぼこぼこと水たまりの散在するダートを、水しぶきをあげながら走り続ける。

とりあえず、一端奥の方まで一覧してから、再び来た道を引き返すことに。

復路、随所にてルッキング、スイーピングを繰り返すが、目ぼしい成果はなし...。

強いて言えば、ゴトウヅルの花にてチャイロヒメハナカミキリを1頭摘んだだけ。

結局、かなりの距離を戻ってきてしまった。

う〜〜ん、やはりこの天気では厳しいか...。

最後はやけくそとなり、往路で目をつけておいた沢沿いの「白い花」ポイントで覚悟を決める。

この場所で少し粘ってみて、もし駄目なら本日は「撤退」だ。

諦め半分で花の方へ歩いていく。

すると、ここで信じられないことが...。

驚いたことに背中の方から陽が差してきたのだ。

うわ〜〜、晴れたぞ〜!

「白い花」の向こうに美しい青空が広がっている。

実際にはこんな花。

セリ科の植物だろうか。

ただ、花の匂いはお世辞にも良いとは言えない...。

なんか、トイレの臭いがする。

後日、オオハマウド(セリ科ハマウド属)と判明。

しかし、そんな臭いもなんのその、ムシの集まりはいいようである。

まずは、ムネアカクロハナカミキリを幸先よくゲット。

天候の変化を感じ取ったのか、かなりの個体数が飛来している。


[ Leptura dimorpha BATES, 1873 ]


そして、ミヤマクロハナカミキリも採集し得た。

同じく飛来しているツヤケシハナカミキリと類似しているが、明らかに体表面の「ツヤ」が異なり、ミヤマクロハナの方がツヤツヤしている。

また、足の形態も互いに異なっている。

[ Anoploderomorpha excavata (BATES,1884) ]

花へ視線を戻すと...。

うおおおっ!

前回に引き続き、憧れのキンケトラカミキリまで飛んできた。

これはうれしい。

[ Clytus auripilis BATES, 1884 ]

いままで採集したトラカミキリの中では、一番好きな種類である。

その後も何ヶ所かある花を行ったり来たりしながら、どんどんカミキリを採集していく。

数分間目を離した隙に新たなカミキリが飛来している状況であり、問答無用のタコ採れ状態。

蒸し暑くなる雨上がりは、まさに「ムシの楽園」だ。

とても全てを紹介しきれないので、詳細は最下段の「採集成績」を参考にしていただきたい。大半はこのポイントにて採集したものである。


● ハルニレ

さて、主だった訪花種を採集した感があるため、周辺に生える他の植物を見てみることにした。

まずはハルニレ。

葉はこんな感じ。

ハルニレは、ニセヤツボシカミキリなどが飛来する木である。


さらに辺縁部をアップ。

大きなギザギザの辺縁部に、さらに小さなギザギザがみられる。

う〜〜ん、うまく説明できないが、とにかくそういうことである...。

何回か生葉のスイーピングを試みると、なんと教科書通りにニセヤツボシカミキリをゲットすることができた。

ツボにはまったようで、ある意味「快感」だ。

ふ〜〜む、かなり色の濃い個体だ。

図鑑によれば、後期に発生したものほど体色が黒っぽくなるとのこと。

日焼け防止か?

手づかみも含めて、合計3頭のニセヤツボシを採ることができた。


● ハンノキ科(と思う...)

次はハルニレの対面に生えるハンノキ科(?)の樹木をまじまじと観察する。

すると、葉の上になんとも色鮮やかな甲虫がとまっている。

手の届かない位置なので、早速網を伸ばす。

そして、無事にネットイン。

よっしゃ、ハンノキカミキリだった。

どこかの国の国旗のような色合いをしている。

まさにフォトジェニックなカミキリであり、本当に美しい。


ちなみに、これがその「葉」。


そして、これが「実」。

参考までに掲載しておく。

なんと、シラカンバ(カバノキ科)であった。


● もう一回「白い花」

さて、結局かなりの時間粘ってしまった。

相棒は限界点を越えたようで、すでに朦朧としている。

そろそろ終了にしたいと思うが、もう一回だけさっきの「白い花」を見てから帰りたい。

というわけで、花のところまで駆け足で行くと...。

ん?、もしや...。

やった〜〜!

モモブトハナカミキリじゃないか。

これ、すっご〜〜く採りたかったカミキリなんだよね〜。

めっちゃラッキー。

[ Oedecnema gebleri (GANGLBAUER, 1899) ]

様々な角度からまじまじと獲物を眺める。

う〜〜む、名前にあるほどモモは太くない...。

なにはともあれ、見ておいて正解だった。

よ〜〜っしゃ、帰ろう。

いつものようにフロンティアの焼肉を平らげた後、それぞれの採集に満足しつつ、2台の車が雨上がりの南会津を後にしたのであった。

おめでとう&お疲れさま。 >相棒


● エピローグ

午前中こそあまりの天候の悪さに泣きそうになったが、午後は一転して雨上がりの蒸し暑さが味方をしてくれた。

正直、あれほどカミキリが採れるとは想像もつかなかった。

無理をしてでも出撃した甲斐があったと思う。

さて、今後しばらくはかなり本業が忙しくなるため、遠征はほぼ不可能となります。

7月後半からまた頑張るつもりでいますので、申し訳ありませんがそれまでお待ちください。

もちろん、少しでも時間があればミニ採集は行なう予定です。


★★ 採集成績 ★★

チャイロホソヒラタカミキリ  26 exs.
[ Phymatodes testaceus (LINNAEUS, 1758) ]

カラカネハナカミキリ  9 exs.
[ Gaurotes doris BATES, 1884 ]

ムネアカクロハナカミキリ  8 exs.
[ Leptura dimorpha BATES, 1873 ]

カラフトヒゲナガカミキリ  7 exs.
[ Monochamus saltuarius (GEBLER, 1830) ]

ハネビロハナカミキリ  7 exs.
[ Leptura latipennis (MATSUSHITA, 1933) ]

セスジヒメハナカミキリ  5 exs.
[ Pidonia amentata amentata (BATES, 1884) ]

エゾサビカミキリ  4 exs.
[ Pterolophia tsurugiana (MATSUSHITA, 1934) ]

トガリシロオビサビカミキリ  4 exs.
[ Pterolophia caudata (BATES, 1873) ]

アトモンサビカミキリ  3 exs.
[ Pterolophia granulata (MOTSCHULSKY, 1866) ]

ホンドアオバホソハナカミキリ  3 exs.
[ Strangalomorpha tenuis aenescens BATES, 1884 ]

ニセヤツボシカミキリ  3 exs.
[ Saperda mandschukuoensis BREUNING, 1943 ]

ヤツボシハナカミキリ  3 exs.
[ Leptura arcuata mimica BATES, 1884 ]

シラケトラカミキリ  2 exs.
[ Clytus melaenus BATES, 1884 ]

ツヤケシハナカミキリ  2 exs.
[ Anastrangalia scotodes scotodes (BATES, 1873) ]

ニンフハナカミキリ  2 exs.
[ Strangaliella nymphula (BATES, 1884) ]

エグリトラカミキリ  1 ex.
[ Chlorophorus japonicus (CHEVROLAT, 1863) ]

オオマルクビヒラタカミキリ  1 ex.
[ Asemum striatum (LINNAEUS, 1758) ]

キスジトラカミキリ  1 ex.
[ Cyrtoclytus caproides caproides (BATES, 1873) ]

キンケトラカミキリ  1 ex.
[ Clytus auripilis BATES, 1884 ]

クビアカハナカミキリ  1 ex.
[ Gaurotes atripennis MATSUSHITA, 1933 ]

コブヤハズカミキリ  1 ex.
[ Mesechthistatus binodosus (WATERHOUSE, 1881) ]

ゴマフカミキリ  1 ex.
[ Mesosa myops myops DALMAN, 1817 ]

シラホシカミキリ  1 ex.
[ Glenea relicta relicta PASCOE, 1868 ]

チャイロヒメハナカミキリ  1 ex.
[ Pidonia aegrota aegrota (BATES, 1884) ]

トゲヒゲトラカミキリ  1 ex.
[ Demonax transillis BATES, 1884 ]

ナガゴマフカミキリ  1 ex.
[ Mesosa longipennis BATES, 1873 ]

ハンノキカミキリ  1 ex.
[ Cagosima sanguinolenta THOMSON,1864 ]

ミヤマクロハナカミキリ  1 ex.
[ Anoploderomorpha excavata (BATES,1884) ]

モモブトハナカミキリ  1 ex.
[ Oedecnema gebleri (GANGLBAUER, 1899) ]


記載日:2001.06.25
追記日:2001.06.27
追記日:2002.02.10(新分類に準拠)
第1部へ採集記(総目次)2001年度 採集記(目次)茨城県 カミキリ編 -9- へ続く....