2001年度 採集記(茨城県 カミキリ編 -6-)
2001.05.15 (Tue)

茨城県 某所

   天気:晴れ
   気温:24.1 度
   湿度:47 %
   風力:4(和風)
● 材置き場

カエデポイントへ行く途中で、以前に目をつけておいた材置き場へ寄ってみた。

なんだかんだで寄り道が多い...。

今日の条件なら、何かしらはいても良さそうなものだが...。

近づいて材を観察してみると、どうも古いものが多い。

な〜〜んもいないではないか...。

ああああ...。

車の脇にあった植物の葉に、またまたチビタマがしがみ付いていた。

これはヒラタチビタマムシの仲間でいいのだろうか?

図鑑を見たが相変わらずよく判らなかった...。

う〜〜ん、スギリンさんに聞いてみるしかないか。


この植物には、このような「実?」がたくさん見られた。

植物が判明すれば、正確なチビタマの同定ができるかもしれない。
後日、スギリンさんに実物を見ていただき「ソーンダーズチビタマムシ」と判明。

植物は「ウツギ」であった。

[ Trachys saundersi LEWIS ]

スギリンさん、ありがとうございました。


● ようやくカエデポイント

さあ、やっとのことで到着した。

記憶の通り、たくさんのカエデが生えている。

わ〜〜お、カエデが花で「真っ赤」になっているぞ。

車からも、その「赤さ」が一目瞭然だ。

まるで、ブドウの房のごとく、花がたわわに垂れ下がっている


手の届く範囲ではこんな感じで、この辺りはこれから開花時期を迎える状態だ。

初回のポイントからは、標高差200mぐらいだろうか。

やはり標高差は大きい。

まずは、一掬い。

「いつものやつら」に交じって、数種の外道が採れた。

これは、オジロアシナガゾウムシか?

本当に動物の「象」のような口をしている。

あとはダイミョウコメツキが入っていた。

[ Mesalcidodes trifidus PASCOE ]

その後、何度もスイープを試みるが、新たなカミキリは一向に入らない。

刻々とタイムリミットが近づいているのだが...。

まあ、焦っても仕方ないので、蒸し暑い中、淡々と採集を続ける。

何回目か忘れてしまったが、網の中に見慣れない昆虫がいるのに気がついた。

ぱっと見は「ハネカクシ」にそっくりである。

私はハネカクシが苦手なので、触らないよう慎重に確認してみると...。

これはもしかして....。

っしゃ〜〜!

や〜〜〜っと採れた!!

これこそ一番採りたかった「ヒゲナガコバネカミキリ」だ!

正確には、コジマヒゲナガコバネカミキリというカミキリである。

[ Glaphyra kojimai (MATSUSHITA, 1939) ]

名前の通り、ヒゲが長く、上翅が小さい(短い)。

生意気にも腹部を「クイッ、クイッ」と大きく曲げている。

ネキダリス(ホソコバネカミキリ属)と同じく「刺す真似(ハチに擬態)」をしているのか?

ああああ、とにかく本当にうれしい。

よし、これでいることは判った。追加個体を採集すべく必死にスイーピングを試みる。

ところが、後にも先にも採れたのはこの1頭のみであった。

そんなに甘くはないようだ。

残念...。

もう少しやっていきたいところだが、タイムアップの時間となってしまったため、潔く本日の採集は終了。

また来週ということにした。


● エピローグ

いや〜〜、やっと本命を採集することができた。

そして、約束通り「ヒゲナガコバネカミキリ属」というカミキリが、どんな形態をしているのか自分のページで紹介することもできた。

本当に感無量である。

ビギナーズラックもいいとこなのだろうが、この調子で来週も頑張りたい。

茨城県には、あと3種類この仲間が生息しているのだ。

いずれにせよ、今晩は眠れそうにない。


★★ 採集成績 ★★

フタオビノミハナカミキリ  7 exs.
[ Pidonia puziloi (SOLSKY, 1873) ]

ヒメクロトラカミキリ  4 exs.
[ Rhaphuma diminuta diminuta (BATES, 1873) ]

トゲヒゲトラカミキリ  2 exs.
[ Demonax transillis BATES, 1884 ]

コジマヒゲナガコバネカミキリ  1 ex.
[ Glaphyra kojimai (MATSUSHITA, 1939) ]

シナノクロフカミキリ  1 ex.
[ Asaperda agapanthina agapanthina BATES, 1873 ]

セスジヒメハナカミキリ  1 ex.
[ Pidonia amentata amentata (BATES, 1884) ]

ナガバヒメハナカミキリ  1 ex.
[ Pidonia signifera (BATES, 1884) ]

ピックニセハムシハナカミキリ  1 ex.
[ Lemula rufithorax PIC, 1901 ]

ソーンダーズチビタマムシ  4 exs.
[ Trachys saundersi LEWIS ]

ダイミョウコメツキ  2 exs.
[ Anostirus daimio LEWIS ]

オジロアシナガゾウムシ(疑) 1 ex.
[ Mesalcidodes trifidus PASCOE ]


記載日:2001.05.15
前編へ採集記(総目次)2001年度 採集記(目次)栃木県 カミキリ編 -2- へ続く....