2001年度 採集記(東北縦断 カミキリ編)
2001.07.24 (Tue) 〜
2001.07.28 (Sat)

青森県
秋田県
岩手県
宮城県
福島県
茨城県

   天気:晴れ〜雨
   気温:16 〜 32 度
   湿度:47 〜 98 %
   風力:1〜4
● 灯火@秋田

なんのアテもなく南下する方向へ車を走らす。

国道沿いにはそれなりの山が見られるのだが、どうにも植林が目立つ。これでは成果が上がらない可能性が高い。

その後もず〜〜っと南下していくが、いつまでたっても植林か伐採後のハゲ山であり、しょぼい環境ばかりだ。日中に訪れたブナの森があまりに素晴らしかったため、そのギャップは大きい。とても同じ行政区に存在する山とは思えない。

秋田県には何気に限られた原生林しか残っていないことに今さらながら気づく。

2〜3町村を越えたところで、ある一区画だけ原生林の面持ちを残した斜面を発見できたため、今晩はここで灯火を張ってみることにした。これ以上探しても埒が開きそうにもなく、おそらく時間の無駄だろう。

日没まで時間がないので、急いでセットを組み上げる。そして間髪入れずにライトを灯す。

都合3回目の灯火採集。

周囲の植生を考えると、ほとんど成果を期待できない状況でのスタートだ。

ところが、どういうわけかゴールデンタイム(午後8〜10時)には、アカアシ、ノコ、ミヤマなど、相当数のクワガタが飛来してきた。

カミキリ的には、ハンノアオカミキリ2頭のみであったが、うれしい誤算であった。しょぼい環境なりにも、甲虫達は着実に生き続けているということだろう。

やはり、頭でっかちになってはいけない。


● さらなる秋田県探索、悲惨な旅

明けて7/27、そろそろ疲れもピークに達しようという頃合いだが、引き続き秋田県の探索を行なうことにする。

本日もアテのない放浪をしつつ、途中によさそうな林道があれば入っていこうというお気楽なパターンだ。

まずは山地−平野部間の境界ルートを走り、林道へのアプローチをうかがう。

しばらく行くと「ブナ」という文字を含んだ施設名を発見したため、問答無用でそこへ行ってみることに。

無残にも植林一色となっている山々を左右に見つめながら、峠道を上っていくと...。

ここはどこ?

確かに細いブナの木が数本ポツポツと見られるが、どこにもブナ林がない...。

う〜〜ん、やられた...。

というわけで、振り出しに戻る。

地図を頼りに別の林道へも入ってみた。

ところが途中からゲートがかけられており、徒歩を強いられる。

実際に入ってみると、渓谷沿いの林道であり、景色は文句なしに美しい。


風光明媚な滝があったりもする。


時折ノリウツギやシシウドも見られるのだが、いるのはこいつらだけだ...。

基本的に斜面が急すぎて、かつ陽当たりも悪いため、採集には向かない林道のようだ。

潔く撤退する...。


● そして岩手県へ

またしばらく走らせていると、今度こそ良さそうな林道を発見した。すかさずそっち方面へハンドルを切る。

林道沿いにはノリウツギがそこそこ見られ、標高を上げるに連れてブナ林が登場してきた。これはいけそうだ。

斜面に咲き誇るノリウツギ。

ただ、来ている連中はやはり「いつものやつ」ばっかり...。

本日もやや強い風が吹いているため、条件はあまりよくないが、それにしても代わり映えしない成果だ。

こんな条件下で意地でも花にしがみついている超普通種「ヨツスジハナカミキリ」などは、本当に「生きる」ことに対してどん欲である。見上げた根性と言えよう。

結局、目ぼしい成果のないまま、とうとう岩手県へ入ってしまった。


● ヤナギ採集@岩手

県境をまたいだ後は、緩やかな下りとなる。

しかし、状況が好転する気配はなく、ノリウツギには相も変わらず「いつものやつら」しかいない...。

そんな打ちひしがれた心境の中、相棒がヤナギに付くクワガタを発見した。

急いで車を飛び降り、網を伸ばす相棒。


これだ!


予想通り、ヒメオオであった。

昨年、我々は岩手県にてヒメオオの惨敗を喰らっていたため、やっとリベンジを果たせたことになる。

これは本当にうれしかった。

ここで、私も忘れていた快感が湧き出る泉のように甦ってきた。

っしゃ〜〜、いっちょクワガタのヤナギ採集をしよう!

数十メートル離れたヤナギには、大量のアカアシが鈴なりに付いており、相棒と2人で狂喜乱舞しながらそれらをネットに収めていく。

50ミリに届く勢いの大型のアカアシが多い。

♀もかなり大きいサイズのものが目立つ。

う〜〜ん、実に面白い。

うれしいことには、アカアシに混じって、もう1頭小型のヒメオオ♂を採集することができた。

なんて、甲虫採集は楽しいのだろうか。

すっかり沈んだ気分は解消し、鼻歌まじりで林道を下ったのであった。


● 宮城県・超悲惨な採集... 

さて、ここでさらに大きく南下し、宮城県へと入る。

秋田県において大半の山はスギの植林を中心としたしょぼい環境であったが、それにも増して宮城県の林は悲惨である。

どこへ行ってもスギ林ばかりであり、ロクな場所がない。

これは東北の山に関する私の先入観(広大な原生林が至る所にあると思っていた)を一気に覆すほどの威力がある。

とにかく悲惨の一言。

最終的に、原生林がわずかに残っていると思われるエリアを発見し、そこで灯火を行なったのであるが、低気温、そして雨という悪条件にも見舞われ、結果は涙が出るほどの貧果であった。

ちなみに、1晩粘ってクワガタが1桁台だ...。


● 最終決断

日付が変わって、7/28。

大幅な南下を続ける。完璧に疲れがピークを越えて、ランニングハイの状態。

途中、某有名温泉に入って疲れを癒す。

ちょっと不気味...。

天気予報では、今日も天気がすぐれないようだ。

後で知ったのだが、どうも台風が東北方面へそれてしまったため、ここ数日の天候が不順であったらしい...。

いずれにせよ、群馬〜栃木で味わったような「爆発的な成果」は望めないと判断し、予定より1日早いが今回の採集行を終了しようということに意見がまとまった。

本当はもっとやりたいところだが、天候だけはしょうがない。

ということで東北自動車道へ乗り、一気に福島県まで戻る。

途中、茨城県との県境あたりをちょっとだけ見て、今回の採集行をすべて終了した。

う〜〜ん、最後はいつもながらの尻つぼみで申し訳ない...。


● エピローグ

先週末の北関東における採集が、かなりハイインパクトであったため、今回の採集行がかすんでしまった感がある。

しかしながら、青森、秋田の2県にてオオホソコバネカミキリの生息をこの目で確認でき、さらには目標であったヨコヤマヒゲナガカミキリの採集にも成功した。

オオアオカミキリのタコ採れも、かなり印象深い出来事であった。

当然、来年以降への手掛かりも得られたわけで、出かけただけの成果は十分に得られたと思う。

私のムシ屋としての経験値も確実にアップしただろう。

なにはともあれ、疲れたが一生の思い出に残る採集行であったことに変わりはない。

そして、ずっと運転お疲れさま。>相棒


★★ 採集成績 ★★

- 県別(採集数&五十音順) -

【青森県】

ジュウニキボシカミキリ  6 exs.
[ Paramenesia theaphia (BATES, 1884) ]

ハンノアオカミキリ  6 exs.
[ Eutetrapha chrysochloris (BATES, 1879) ]

キヌツヤハナカミキリ  3 exs.
[ Corennys sericata BATES, 1884 ]

セアカハナカミキリ  2 exs.
[ Leptura thoracica (CREUTZER, 1799) ]

チャイロヒメハナカミキリ  2 exs.
[ Pidonia aegrota aegrota (BATES, 1884) ]

チャボハナカミキリ  2 exs.
[ Pseudallosterna misella (BATES, 1884) ]

トゲヒゲトラカミキリ  2 exs.
[ Demonax transillis BATES, 1884 ]

ヒゲジロハナカミキリ  2 exs.
[ Japanostrangalia dentatipennis (PIC, 1901) ]

ヨツスジハナカミキリ  2 exs.
[ Leptura ochraceofasciata (MOTSCHULSKY, 1861) ]

ウスイロトラカミキリ  1 ex.
[ Xylotrechus cuneipennis (KRAATZ, 1879) ]

ウスバカミキリ  1 ex.
[ Megopis sinica sinica (WHITE, 1853) ]

オオホソコバネカミキリ  1 ex.
[ Necydalis solida BATES, 1884 ]

コバネカミキリ  1 ex.
[ Psephactus remiger remiger HAROLD, 1879 ]

コブヤハズカミキリ  1 ex.
[ Mesechthistatus binodosus (WATERHOUSE, 1881) ]

ニンフハナカミキリ  1 ex.
[ Strangaliella nymphula (BATES, 1884) ]

ヒゲナガゴマフカミキリ  1 ex.
[ Palimna liturata liturata (BATES, 1884) ]

ホソカミキリ  1 ex.
[ Distenia gracillis gracillis (BLESSIG, 1872) ]

ホソトラカミキリ  1 ex.
[ Rhaphuma xenisca (BATES, 1884) ]

ヨコヤマヒゲナガカミキリ  1 ex.
[ Dolichoprosopus yokoyamai (GRESSITT, 1937) ]

【秋田県】

オオアオカミキリ  20 exs.
[ Chloridolum thaliodes BATES, 1884 ]

ルリボシカミキリ  4 exs.
[ Rosalia batesi HAROLD, 1877 ]

ナガゴマフカミキリ  3 exs.
[ Mesosa longipennis BATES, 1873 ]

クスベニカミキリ  2 exs.
[ Pyrestes nipponicus HAYASHI, 1987 ]

ハンノアオカミキリ  2 exs.
[ Eutetrapha chrysochloris (BATES, 1879) ]

アカハナカミキリ  1 ex.
[ Corymbia succedanea (LEWIS, 1879) ]

オオホソコバネカミキリ  1 ex.(死骸), r.matsuda 発見
[ Necydalis solida BATES, 1884 ]

カタシロゴマフカミキリ  1 ex.
[ Mesosa hirsuta hirsuta BATES, 1884 ]

クロトラカミキリ  1 ex.
[ Chlorophorus diadema inhirsutus MATSUSHITA, 1934 ]

コバネカミキリ  1 ex.
[ Psephactus remiger remiger HAROLD, 1879 ]

センノキカミキリ  1 ex.
[ Acalolepta luxuriosa luxuriosa (BATES, 1873) ]

ニンフハナカミキリ  1 ex.
[ Strangaliella nymphula (BATES, 1884) ]

ヒゲナガゴマフカミキリ  1 ex.
[ Palimna liturata liturata (BATES, 1884) ]

ホソトラカミキリ  1 ex.
[ Rhaphuma xenisca (BATES, 1884) ]

【岩手県、宮城県、福島県】

既採集種を数種確認したのみ(採集せず)

ex. ヨツスジハナカミキリ、ニンフハナカミキリ

【茨城県】

ヒゲナガゴマフカミキリ  1 ex.
[ Palimna liturata liturata (BATES, 1884) ]

総計:27 種(含今季初採集 6 種) 78 頭(含死骸 1 個体)

他、コメツキムシ、ハナノミなど雑甲虫数種


記載日:2001.07.31
第3部へ採集記(総目次)2001年度 採集記(目次)茨城県 カミキリ編 -12- へ続く....