日々の甲虫雑感(2002年 8月・上旬)

真夏

梅雨が明けて以来、台風を除けば本当に暑い日が続いている。

一端外へ出れば、肌を焦がすような強い陽射しが照りつけ、下手をすると気を失いかねない。

こんな日がこのまま続いたら、ムシ達もへばってしまい、すぐにいなくなってしまいそうだ。

いずれにせよ、勝負は「お盆」までだろう。

残り少ない夏の採集シーズン。悔いなく締めくくりたいものだ。


2002.08.01 (Thu)
● アップ

昨日の採集記をアップします。

採集記 → 『ここ


2002.08.02 (Fri)
● 雷雨

それにしても、昨晩の雷雨@茨城はすごかった。

土砂降りの中、雷が近くに落ちまくり、暗雲を背景に稲妻が走りまくっていた。

その影響で、テレビの画像は思いっきり乱れ、停電となり、車の電磁ロックが勝手に外れて防犯用のクラクションが鳴り響く...、これほどすごいのは何年ぶりだろうか。

まあ、洗車したてのように車が綺麗になったのはうれしかったが。

でも雷は怖い...。


2002.08.03 (Sat)
● 夏、最後の遠征

ということで、明日はこの「夏」最後?の遠征をしてきます。

※ 多分、最後になると思います...。


2002.08.04 (Sun)
● 埼玉県 カミキリ編 -1-

「パキタ(通称)」というカミキリムシを狙っての採集行。

「カミキリ屋 銀座」と言われる林道へ行ってみたのだが、果たして結果やいかに?

採集記 → 『ここ


2002.08.05 (Mon)
● 最後

予定通り、昨日の採集でこの夏の遠征採集はお終い...。

今季も採りこぼしなどの「宿題」が残ってしまったが、来年また頑張ろうと思う。カミキリムシとは長く付き合っていきたいものだ。

もちろん、水曜日の茨城「地元」採集はコンスタントに続けるつもりなので、楽しみにしていただきたい。

さあ、「秋」の遠征に向けて準備を進めよう。


2002.08.06 (Tue)

● 灯火@茨城

パキタに振られた憂さばらしとして、いつもの灯火採集を試みた。

やや遅い時間帯に、いつものゴマダラカミキリが飛来した直後、網戸を揺らす1頭のカミキリムシが...。

うおお、やった〜!

マツノマダラカミキリだ。


生涯初採集種であり、本当に嬉しかった。

これ、アカマツに着くカミキリムシなのだが、アカマツで見た試しがない。

[ Monochamus alternatus HOPE, 1842 ]

美味しい獲物はこの1頭のみであったが、非常に満足な成果であった。

データ:天気 晴れ、時間 19:00〜24:00、気温 25.1度、湿度 71.3%

で、日曜日の採集記をアップします。


2002.08.07 (Wed)
● 茨城県 カミキリ編 -23-

さあ、今週は「ヒロコ」と出会うことができるのだろうか?

採集記 → 『ここ


2002.08.08 (Thu)
● お詫び

昨日、けっこう多数のメールをいただいておりますが、返信には少々時間をいただければ幸いです。

強行軍@地元のため、疲れてしまいました...。

申し訳ございません。


2002.08.09 (Fri)
● 「秋」のムシ

私にとっての「夏」は、ほぼ終わってしまった...。

ということで、ちょっと気が早いかもしれないが、現在、今秋の予定を「ああでもない、こうでもない」と楽しみながら立てている最中だ。

すでに幾つかのターゲットは決まっており、その中には、オニホソコバネカミキリと並ぶもう1つの大きな目標も当然含まれることになる。

昨秋はスカを喰らってばかりだったが、この秋はその「リベンジ」を果たすことができるのだろうか?

う〜〜ん、楽しみだ。


2002.08.10 (Sat)
● 休みです...

この土日は、予定通り採集はお休みです...。


日々の甲虫雑感(2002年度 目次)前ページ(7月・下旬)次ページ(8月・中旬)へ続く|ホーム