日々の甲虫雑感(2002年 2月・下旬)

オフシーズン真っただ中

私のようなムシ採り好きにとっては、この時期ほど憂うつな時期はない。

寒いし、ムシはいないし、あまり書くこともないし...。

あああ、春が待ち遠しい。


2002.02.21 (Thu)
● 美 

まるっきり主観の範疇になってしまうが、生物の持つ「自然な美」は本当に素晴らしいと思う。

それは何も外見だけに限らず、種独特の行動や、ちょっとした仕草にも、その種なりの美を見いだせる。

どんなものであれ、それらは人間が作り出したものではなく、まさに「自然」の有様にそれぞれが適応してきた完成形としての「美」であるからこそ魅力を感じてしまうのだと思う。

ある種では非常にきらびやかな色彩美を持ち、またある種では極めて魅惑的な流線美を呈している。

そして、敵を欺くための姿勢や仕草、デモンストラブルな求愛行動など、枚挙にいとまがない。

何故にこれほどまできらびやかなのか?

とてもお互いの種を判別するためだけとは思えない。

今までいろんな趣味を経験し、やめてしまったものも多いが、生物を相手にする昆虫採集という趣味だけはやめれそうにない...。


2002.02.22 (Fri)
● お知らせ 

現在、職場のメールサーバがダウンしています。

そのため、職場のアドレスに来ているメールの返事は、来週の月曜日以降になってしまいます。申し訳ございません。



2002.02.23 (Sat)
● サイト内検索 

トップページにサイト内検索用の検索窓を設けてみた。

キーワードを打ち込めば、私のサイト内に絞って検索することが可能だ。

「Google」を利用させてもらうのだが、Googleのサイト内に詳細な説明がないため、こういう使い方をしてよいのかどうか良く分からない...。

とりあえず、試験的にやってみようと思う。

--------- 追伸 ---------

たまに、うまく検索できないことがあり(登録されていないページもあり)、今のところ動作が不安定なようだ...。


2002.02.24 (Sun)
● 武豊が落馬、重傷... 

本日は競馬好きでもある私にとって嫌なアクシデントがあった。

中山競馬第3競走において、日本を代表するトップジョッキー「武豊」騎手が落馬受傷した。騎乗馬が骨折し前へつんのめるように倒れると同時に、彼は地面にたたきつけられ、さらに後続の馬も巻き込まれるという大きな事故であった。落馬後、彼がぐったりとしている姿を見てこちらも青ざめてしまった。

彼は私と同じ歳であることから、ある種親近感(本人にははた迷惑か?)のようなものを抱いており、いつも気にしていた存在であった。

報道によると「骨盤骨折」で、全治3〜6カ月ということらしい。骨盤骨折は骨折の中でもかなりやっかいな部類に入るので、今後が心配である。

一日も早い回復とターフへの復帰を祈りたい。


2002.02.25 (Mon)
● リンクを更新 

ネット上で以前からお付き合いのあった「hoshi」さんが、いよいよHPを開設した。

hoshiさんのオオクワガタにかける情熱はただならぬものがあり、その採集記は必見である。

 → hoshiのオオクワ求めて三千里

● トラックパッドが不調... 

どういう訳か、iBookのトラックパッドが調子悪い。何の前兆もなく機能不全に陥ってしまった。

購入してからそんなに経っていないのだが、ノート型でこれが使えないのは命取りだ。

こんなエラーまで出る始末。

さっきまで普通に使っていたんだけどねぇ...。

今のところはマウスで代用しているが、不便でしょうがない。

前機のPowerBookと同様、早くも入院が必要になりそうだ...。


2002.02.26 (Tue)
● 茨城県 カミキリ編 -3-

性懲りもなく「竹」なカミキリを求めて出撃した。

3度目の正直となればよいのだが...。

採集記 → 『ここ


2002.02.27 (Wed)
● 皇居内の甲虫 

先日、(財)科学博物館後援会というところから「国立科学博物館専報、第36号、皇居の生物相 III. 昆虫相」という書籍を通販にて購入した。1996年から2000年までの4年間にわたる調査結果の報告書であり、520ページという大作である。

それによると、甲虫は738種が皇居内にて確認されたそうだ。

そのうち、クワガタムシ科は2種(コ、ノコ)とほぼ予想通りの展開だが、一方、ホソカミキリ科+カミキリムシ科は39種となっており、これは想像以上であった。なかでも、トラフカミキリ、トガリバアカネトラカミキリ、ヤツメカミキリの記録にはちょっと驚いた。

皇居は一生足を踏み入れることのないエリアだが、あまりの緻密な調査内容に、時を忘れて読みふけってしまった。


2002.02.28 (Thu)
● 気分を新たに 

本日で2月も終わりだ。

気候の方も日を重ねるごとに暖かい日が多くなってきた。甲虫採集のシーズンが、音を立てずに近づいてくる気配を感じる。

さて、前回の採集にて「竹」に依存するカミキリムシの追跡も一段落した。現在、次のターゲットを模索中である。

今のところ2〜3種の候補が挙がっており、随時、採集記にてその模様をお届けする予定だ。

というわけで、春へ向け、徐々にエンジンの回転数を上げていきたいと思う。


日々の甲虫雑感(2002年度 目次)前ページ(2月・中旬)次ページ(3月・上旬)へ続く|ホーム