日々の甲虫雑感(2002年 11月・下旬)

平地のムシ

今年は「暖冬」との予測がなされているが、日増しに寒さが厳しくなり、今のところそんな気配は感じられない。

山間部のポイントはいつ雪や凍結に見舞われてもおかしくない状況であり、今後、山地における採集は徐々に難しくなるだろう。

ということで、これからしばらくは平地のムシを中心に探していこうかと思っている。

これまた未体験なことが多く、楽しみである。


2002.11.21 (Thu)
● 静電気

空気が乾燥してきたためか、静電気にやられる回数が増えてきた。

最近は車から降りるのがちょっと恐い...。


2002.11.22 (Fri)
● 冬

「冬」という季節が以前ほど好きではなくなった...。

学生時代はスキーなどをやっていたため、山に雪が降るのを心待ちにしていたものだが、ムシ採りをやるようになってからは、そういう気持ちもかなり薄れてきた。

まあ、四季のはっきりした日本に住んでいる以上仕方ないか...。

冬がある分、夏が一層楽しいのかもしれない。

冬は夏なら無視するような地味なムシにも目を向ける絶好の機会と前向きに考えよう。


2002.11.23 (Sat)
● 謎のムシ

前回の採集行で見つけた謎のムシの正体が判明した。

トワダカワゲラという翅のない原始的なカワゲラ(成虫)のようである。

環境の優れた森林に生息する種類であり、幼虫は水棲らしい。
調べてみたところ、トワダカワゲラ科には4種が属し、茨城県にはトワダカワゲラが生息しているようである。

ちなみに、学名は [ Scopura longa UENO ] とのこと。

教えていただいた方々には、この場を借りて御礼申し上げます。


2002.11.24 (Sun)
● ハシゴ

「大安」の本日、大学時代の同級生2組の結婚式へ出席。

結婚式のハシゴは初めての経験であったが、最後はけっこう酔っぱらってボロボロになってしまった...。

なにはともあれ、おめでとう!


2002.11.25 (Mon)
● 地下浅層?

ゴミムシ類の採集に関する文献などを読んでいると、「地下浅層」という言葉がよく出てくる。

メクラチビゴミムシ類など視覚が退化したムシの生息場所らしいのだが、どの程度の深さまでをいうのだろうか?

ということで、いろいろ調べてみたところ、土壌層から母岩までの間の部分を指すようだ。

う〜〜ん、場所によってはかなり深く掘らないと到達できないレベルなのかもしれない...。

いろんな意味で、奥の深い世界だ...。


2002.11.26 (Tue)
● 痛いです...

最近、筋肉がよく攣(つ)るようになった。

イオンバランスが悪いのか、運動不足なのか、それとも単に年なのか。

少なくとも、週1回は採集で体を動かしているんだけどなぁ...。


2002.11.27 (Wed)
● 茨城県 甲虫編 -6-

平地のムシを狙おうと思っていたが、少々予定を変更。

isseiさんとご一緒させていただくことになった。

クワガタ小型種と雑甲虫を探してみようと思う。

採集記 → 『ここ


2002.11.28 (Thu)
● アンコウ鍋

茨城県とがっぷり四つに付きあうようになって久しいが、今晩、ようやくアンコウ鍋を食する機会が訪れた。

味噌仕立てにゼラチン質の白身が絶妙であり、キモも想像していたほどしつこくなかった。

う〜〜ん、大満足...。


2002.11.29 (Fri)
● リンクを更新

台湾のY-H-Tsai さんと相互リンクをさせていただくこととなった。

今後、台湾の状況などについて情報交換をさせていただければ幸いである。

謝謝! > Mr. Y-H-Tsai

→ 「BREEDER


2002.11.30 (Sat)
● 早い...

今年もあと1ヶ月を残すのみとなった。

信じられないほど時の経つのが早い...。

さ〜〜て、今年最後の採集はどうしようかな?


日々の甲虫雑感(2002年度 目次)前ページ(11月・中旬)次ページ(12月・上旬)へ続く|ホーム