2002年度 採集記(海外採集編 -2-)

2002.04.11 (Thu)〜
2002.04.15 (Mon)

マレーシア サバ州
(ボルネオ島)
Trus madi 山麓

● パラダイスよ再び

あと数分で真っ暗になろうかという「黄昏時」、一斉に灯火のライトが灯される。

毎度見ている光景だが、ここがボルネオということを考えると、一味も二味も違ったものに見える。

ぼ〜〜っと光を眺めていたら、早くも甲虫が飛来した。

最初は、昨晩も飛来していたウスバ系のカミキリだ。

でも、こいつは前脚が長い。

♂と♀の違いか?

そうそう、ボルネオにはこの手の全身緑なセミの個体数が多い。

なんとなく「生々しい」。

うおっ、私の好きなタイプのカミキリだ。

おそらく「トホシカミキリ族(Saperdini)」に属するカミキリと思われる。

シャープに角張った体と美しい色彩とのコンビネーションが何とも言えない。
うわ〜〜〜!!

「バサっ!」という大きな音とともに、ビックなやつが幕面に飛来した。

化け物サイズのウスバカミキリ。

さすがはボルネオ、ど迫力の大きさだ。

ちょっと掴むのが怖いが、思い切って鷲掴みにする。


ウスバカミキリとは言うものの、明らかに違った生き物にしかみえない...。

それとも、単に私が小さくなっただけか?

その他、オキピタリスノコギリクワガタ、ライヒヒラタクワガタ、カナリクラトゥスホソアカクワガタなどなど「いつものやつら」が矢継ぎ早に飛んでくる。

それらを必要な分だけ採集して、次の灯火へと移動する。

まず最初に目に付いたのが、このサビクワガタ。

体中に微毛が生えており、土のメッキで覆われている。

なんとも可愛いいクワガタだ。

おおおおっ!

これまた大型カミキリ。

日本のシロスジカミキリにそっくりなやつだ。

でも、模様はかなり異なっている。

今晩は何気に大物が飛来するなぁ。

うおっ!!

足下には、またまた大型な甲虫が...。

これはダールマンツヤクワガタ。

マンディブラリス同様、10センチを越えるタイプの種類である。
[ Odontolabis dalmanni HOPE et WESTWOOD,1845 ]

日没直後には甲虫の飛来が多い。日本と同じような傾向だ。


● ボルネオ名物

さて、ここでボルネオ名物の甲虫を少し紹介しよう。

ツノクロツヤムシ。

こいつは5センチを越える特大サイズ。100円ライターよりもでかい...。

そして、全身にびっしりと毛が生えている...。

四国や九州にも生息する甲虫だが、体長はせいぜい2センチほど。その倍以上もあるのだから恐れ入る。

もちろん、1センチ前後のものから各サイズのものが見られるが、相棒の話によると、すべてが同じ種類ではないらしい。

ツノクロツヤムシは亜社会性昆虫であり、その生態面は興味深い。材の中に坑道を掘り、そこでコロニーを形成してアリのような生活を営むというのだ。そして、幼虫は親虫から餌を与えられないと生きていくことができないらしい。

ネットで調べたところによると「亜社会性昆虫」とは、シロアリのように女王アリ、働きアリ、兵アリなどの職階付けがはっきりとは認められないが、親虫が子供の面倒をみる昆虫のことをいうようだ。

遠目には非常にクワガタと紛らわしいので困ったものだが、個人的には嫌いなムシではない。

ちなみに「いつものやつ」である。

さて、本日は昨日よりも灯火の数が2つも増えている。なんと合計6張り。各灯火は、だいたい50m間隔で張られているため、すべてを巡回するだけでも大変な運動だ。

しかし、今が絶好の時間帯(日没後1時間弱)なので、とにかく見て回ることにしよう。

緩やかな坂を下って、一番奥の灯火に到着した。

今のところ、幕面には特に目ぼしい甲虫は飛来していないようだ。まずは、既採集種を摘んでいく。

しばらくして、灯火の回りを「ヴ〜〜ン、ヴ〜〜ン」と低周波の羽ばたき音が旋回しているのに気がついた。

どうせ、モーレンカブちんだろう。小型カミキリを指で追いかけるのに夢中で、相手にもしなかった。

と、次の瞬間、その羽ばたき音が左脇にある潅木の葉のところで「バサバサっ」と大きな音を立てて消えてしまった。

ちょうどカミキリを採った後なので、一応見ておくか。

うひゃひゃひゃ〜〜。

ちっともカブちんじゃないじゃないか。

ボーレンホーベンツヤクワガタ。

それも8センチに届くほどの大型個体だ。
[ Odontolabis vollenhoveni PARRY,1864 ]

これぞボルネオの特産種。

この手の外国産大型種は今まで特に興味の湧く対象ではなかったが、実際に本物を見てみるとめっちゃいいムシではないか。飼育関係で外産にハマる人の気持ちが分かるような気がした。

ふ〜〜む、でも想像していたほど大型なクワガタは見掛けない。いくら熱帯雨林とはいえ、大型個体に育つためには相当条件が良くなければならないということなのだろうか?

海外採集1年生の私には皆目見当が付かない...。

その後も、ひたすら幕面を観察していると、背後から長靴の足音が聞こえてきた。

ここで長靴を履いているのは私と相棒しかいないので、誰だかすぐに分かった。

相棒の成果を聞いてみると、私と同じものに加えて、パリーオオクワガタ、ボルネオヒラタクワガタ、マーチンホソアカクワガタなどをゲットしたとのこと。

驚いたことに、ボーレンホーベンの♂を私とほぼ同時刻に採集していたらしい。種による傾向なのかもしれない。

この辺で、灯火に飛来する主な「外道」も紹介しておこう。

不格好な羽をしたバッタ。

けっこう動きが速い。

同じく巨大なバッタ。

クツワムシの仲間だろうか。

バッタはセミに次いで多い外道である。


で、セミを食う「巨大なコオロギ」。

いや〜〜、これには参った...。

ということで、本日はこれにてネタ切れ。

今晩は「月齢、気温」が申し分なかったにもかかわらず、明らかに昨晩よりも飛来する甲虫のバリエーションに乏しいという結果だった。

相棒ともその理由について考えてみたが、おそらく、本日はスコールが降らなかったことが主要因であったと思われる。つまり、乾燥がキツかったということだ。それ以外にうまく説明できるものが見つからない。

高温多湿で、一見なんでもありな熱帯雨林でも、様々な条件でムシの行動が変わる。パラダイスにもちゃんと秩序や法則が存在しているのだろう。さらには、2晩を通して、普通種とそうでない種類の違いも飛来の傾向から徐々に分かるようになってきた。

確かに結果はいまひとつだったが、それらが分かっただけでも儲け物だ。

さあ、明日に備えよう。


記載日:2002.04.18
出国編(前)出国編(後)パラダイス編(前)|パラダイス編(後)|ネキを求めて編素敵な仲間達編