2002年度 採集記(福島県 カミキリ編 -2-)
2002.06.15 (Sat) 〜
2002.06.16 (Sun)

福島県 南会津郡

   天気:晴れ時々雨
      曇り時々晴れ
   気温:24.1 〜 26.0 度
   風力:1〜2
● 一夜明けて

7時に目を覚ましたが、昨晩の金縛りのせいかやや寝不足...。

窓の外を見てみると、雨はすっかり止んでおり、雲は「紙一枚」ほどの厚さしかない。これは好条件の中で採集ができそうだ。

絶品の朝食を平らげた後、いよいよ本日の採集を開始する。

相棒の車に3人で乗り込み、まずはハルニレの伐採地を目指す。経験上、午前中は土場を見るよりも、花や葉をルッキング&スイーピングしたほうが効率がいいはずだ。

ポイントへ到着してみると、今日も「情報バンク」なカミキリ屋さんが来ていた。どこかに泊まったのかと思いきや、昨日と車が違うので、一端帰られて今朝方もう一度来たとしか思えない...。車のナンバーは東京近県であり、これはこれですごい行動力だ。私にはとても真似できない。

相棒がキンヘリタマムシを採りたがっていたため、例のハルニレを教えてあげた。

で、私が見本ということで、そのハルニレの上の方をひと掬いしてみると、なんと、また1頭のキンヘリタマムシが入ってしまった。う〜〜ん、なんということだ...。

相棒にもキンヘリを採ってもらいたいため、その場所を相棒に任せ、私は昨日同様にハルニレのひこばえや、ガマズミの花を見ていくこととした。

う〜〜ん、いい感じ。

ふと視線を花へ向けると、いきなりオレンジ色をしたカミキリムシが訪花していた。


ラッキー!!


別の花にもう1頭


うれしいことに、さらにもう1頭。

これぞベストショット。

採れ(撮れ)るときは採れ(撮れ)るものである。

[ Oedecnema gebleri (GANGLBAUER, 1899) ]

ここで、ガマズミに飛来しているカミキリムシをいくつか紹介しておこう。

ホンドアオバホソハナカミキリ。


もう1枚。

[ Strangalomorpha tenuis aenescens BATES, 1884 ]

ハネビロハナカミキリ。

[ Leptura latipennis (MATSUSHITA, 1933) ]

ツヤケシハナカミキリのペア。

[ Anastrangalia scotodes scotodes (BATES, 1873) ]

ミドリカミキリ。

[ Chloridolum viride (THOMSON, 1864) ]

ヤツボシハナカミキリ。

[ Leptura arcuata mimica BATES, 1884 ]

おまけのカタキハナカミキリ。

[ Pedostrangalia femoralis (MOTSCHULSKY, 1860) ]

だいたい以上のような感じだ。

斜面を横断しただけだが、そこそこな好成績が得られた。

車まで戻ってみると、Kさんと相棒はすでに採集したムシをチェックしているようだ。

キンヘリタマムシは採れたかと相棒に聞いてみたが、どうも採れなかったらしい。

まあ、この天気なら午後でも十分いけるだろうということで、そろそろ土場回りをするとしよう。オニヒゲナガコバネカミキリの追加を是非とも採りたいところである。


● 土場回り

最寄りの土場から順に、各土場の伐採木を見ていくが、時間が悪いのか何なのか、相変わらずロクなムシがいない...。

外道...。

カミキリムシと言えば、せいぜいサビカミキリ系、チャイロホソヒラタカミキリ、ヒメスギカミキリ、ゴマフカミキリ、エグリトラカミキリといったメンバーのみだ。

そんな中で、相棒が飛翔中のクロラタカミキリをゲットしたのが、唯一の華々しい成果であった。

さあ、この辺で昼飯にしよう。


● 車道沿いのノイバラ

なかなか美味いソバを平らげた後、再び各ポイントを巡回することにする。

快調に車を流していると、道沿いに白い花を発見。

「停まりますか?」と相棒が聞くが、とりあえずそのまま通り過ぎる。

その数十メートル先でも、また白い花を発見。

ここも結局通り過ぎてしまった。

さらに数十メートル走った後、「やっぱ、Uターンしよう」。

どうしても見たくなり、引き返してもらう。まあ、相棒にしてみたら「早く言ってよ」という感じだろう。

まず、手前にあった白い花はガマズミであったが、さすがに排気ガスが思いっきりかかる場所に咲いているため、何もいない。

で、もうひとつの白い花は道路脇の斜面にあって、上から垂れ下がるように咲くノイバラであった。

どことなく甘酸っぱい香りが漂っている。

おおお、何やらカミキリムシがたくさん来ているようだ。

目ぼしいところから掬っていく。

何しろ多いのが、このピドニア(ヒメハナカミキリの仲間)。

その場では同定できないため、とりあえず確保だけはしておく。

※ 帰宅後、カミキリムシ検索図説(東海大学出版会編)にて同定を試みたところ、このピドニアは「マツシタヒメハナカミキリの♀」ということになるのだが、本当にこれでいいのだろうか?

素人の私にとっては「ピタゴラスの定理」の証明よりもはるかに難題である。

まあ、そのうちきちんと取り組むことにしよう。

その他の飛来種としては、ツヤケシハナカミキリ、ミヤマクロハナカミキリ、カラカネハナカミキリ、ヘリグロベニカミキリ、ニンフハナカミキリなどであった。

で、Kさんと相棒が発見してくれた大物。

フタコブルリハナカミキリ。

南会津で初めて採集できた。

[ Stenocorus coeruleipennis (BATES, 1873) ]

さて、ここでの客層は大方判明したので移動する。

今度は、前回、Kさんがムネマダラトラカミキリを16頭も採ったという土場へ案内してもらうことにした。


● こんなところにあったとは...

どこかと思ったら、いつも通っている場所のちょっと陰になったところにあった。

ここは比較的新鮮な材が置かれており、ケンタ材やソダも豊富だ。なかなか好感触な土場である。今まで見過ごしていたとはもったいないことをした。Kさん、教えていただきありがとうございます。

まずは、ムネマダラトラカミキリが飛来していたという材を見てみることにした。

それはけっこう太めの材で、「タモ」というラベルが貼られていた。

タモねぇ...。初めて聞く樹種である。本当に飛来するのだろうか?

などと疑心暗鬼になっていたのだが、すぐに私の間違いであることが判明した。

Kさんが「そこにいますよ」と言うのだが、私にはよく分からない。

Kさんの「人差し指の先」のさらに延長線上をじ〜〜っと目で追って、やっと確認できた。

いた〜〜!

ムネマダラトラカミキリ。

ただ、かなり小さい。

最終的に、相棒と私で2頭ずつゲットできた。

[ Xylotrechus grayii grayii (WHITE, 1855) ]

せっかくなので、ソダも見てみる。


おおお、ヒメヒゲナガカミキリ。

それにしても長い触角だ。

[ Monochamus subfasciatus subfasciatus (BATES, 1873) ]

あとは、アトモンサビカミキリ、ナカジロサビカミキリぐらいか...。

別の材を観察する。

ん!、ハンノアオカミキリだ。

相変わらずの普通種なのだが、本当にビューティフル。

[ Eutetrapha chrysochloris (BATES, 1879) ]

スギ材の上には、ミドリカミキリが休憩中。

[ Chloridolum viride (THOMSON, 1864) ]

ここはサクラの材なども置いてあり、ヤツメカミキリを是非とも採りたいのだが、何故かこのところ縁がない...。

と、背後からKさんの声がする。

「るどるふさん、これ」

ありゃりゃ、ヤツメカミキリじゃないか...。

どうして私の目の前には飛んでこないのだろうか。

いわゆる「めぐり合わせ」というやつかもしれない。

[ Eutetrapha ocelota (BATES, 1873) ]

そのうち、絶対に自力で採ってやるぞ。

ということで、このポイントを後にし、再び午前中の伐採場へ行ってみる。


● もうひと勝負

午後も3時を過ぎた段階で、雲がやや厚くなってきた。

まあ、それでも昨日ほど条件は悪くないため、大丈夫だろうとタカをくくり、3人で斜面へ突入する。

相棒はキンヘリタマムシ狙い、Kさんはハルニレ、ガマズミのルッキング、そして私は今までとは違った範囲を攻めてみることにした。

これはヌルデ。

ヨツキボシカミキリなどがいないかと葉の裏を見ていたら...。


よっしゃ、教科書通り。

[ Epiglenea comes comes BATES, 1884 ]

ガマズミの葉上には、ヒメアカハナカミキリもいた。

[ Brachyleptura pyrrha (BATES, 1884) ]

一端、道路に出て、小高い丘の上まで登ってみる。

コナラの切り株には、ゴマダラモモブトカミキリ。

まるで「隠し絵」のようだ。

どこにいるか分かりますか?

この丘の上には、各種の切り株、ガマズミ、ノイバラなどムシ採りには事欠かない環境が広がっており、ある意味パラダイスの様相を呈している。

あるガマズミの花上に、フトオビカンボウトラカミキリがいたので、生態写真を撮ろうとカメラを構えていると、突然ハチの体当たりを受けて落っこちてしまった...。

ああああ、ふざけるなよ、ハチめ。絶好のシャッターチャンスだったのに...。

仕方なく、面白いハナノミなどがいないかと、目を近づけてガマズミを見てみると。

おや?

アリ??

ハネカクシ???


むむむむ。

やった〜〜!!

ヒゲナガコバネカミキリの仲間だ。

[ Glaphyra nitida nitida (OBIKA, 1973)< ]

図鑑を参照すると、どうやらホソツヤヒゲナガコバネカミキリのようである。本当に小さくて、体長は5ミリほどしかない。

当然、未採集種。

いや〜〜、めちゃくちゃ嬉しい。サヨナラ満塁ホームランを打った気分である。

ここまで登ってきた甲斐があったというものだ。

う〜〜ん、これにて十分満足。

意気揚々と2人のところまで引き返すことにした。

2人はすでに引き上げており、すでにまったりとしている。相棒は残念ながらキンヘリタマムシを採れなかったようだ。

最終成績は各人でそれぞれ違うが、時間も時間になったので、フロンティアで解散しようということに決定した。

で、追い討ちをかけるように、自宅から連絡が入り、なるべく早く帰宅せねばならなくなった。

本当は一息入れたかったところだが、フロンティアへ到着するやいなや、帰路に着くことになったのであった...。


● エピローグ

ふえ〜〜、梅雨というのに随分と内容の濃い採集となってしまった。

昨年の採りこぼしも幾つかゲットすることができ、十分に満足のいく成果が得られた。なかでもシラホシキクスイカミキリの多数頭ゲット、ホソツヤヒゲナガコバネカミキリのゲットは個人的に特筆できるものだ。

機会があれば、今月中にもう一度駄目押しで南会津へ行こうと思う。

なにはともあれ、Kさん、お疲れさまでした。私もいろいろと勉強になりました。またご一緒しましょう。

相棒もお疲れさん。また、キンヘリを採りに行こう。


★★ 採集成績 ★★

シラホシキクスイカミキリ  15 exs.
[ Eumecocera gleneoides (GRESSIT, 1935) ]

チャイロホソヒラタカミキリ  11 exs.
[ Phymatodes testaceus (LINNAEUS, 1758) ]

ツヤケシハナカミキリ  9 exs.
[ Anastrangalia scotodes scotodes (BATES, 1873) ]

ニセヤツボシカミキリ  9 exs.
[ Saperda mandschukuoensis BREUNING, 1943 ]

ハネビロハナカミキリ  6 exs.
[ Leptura latipennis (MATSUSHITA, 1933) ]

ハンノアオカミキリ  6 exs.
[ Eutetrapha chrysochloris (BATES, 1879) ]

ムネアカクロハナカミキリ  5 exs.
[ Leptura dimorpha BATES, 1873 ]

モモブトハナカミキリ  5 exs.
[ Oedecnema gebleri (GANGLBAUER, 1899) ]

キンケトラカミキリ  4 exs.
[ Clytus auripilis BATES, 1884 ]

ミヤマクロハナカミキリ  4 exs.
[ Anoploderomorpha excavata (BATES,1884) ]

ヤツボシハナカミキリ  4 exs.
[ Leptura arcuata mimica BATES, 1884 ]

カタキハナカミキリ  3 exs.
[ Pedostrangalia femoralis (MOTSCHULSKY, 1860) ]

セミスジニセリンゴカミキリ  3 exs.
[ Eumecocera trivittata (BREUNING, 1947)1935) ]

ミドリカミキリ  3 exs.
[ Chloridolum viride (THOMSON, 1864) ]

オオマルクビヒラタカミキリ  2 exs.
[ Asemum striatum (LINNAEUS, 1758) ]

カラカネハナカミキリ  2 exs.
[ Gaurotes doris BATES, 1884 ]

キスジトラカミキリ  2 exs.
[ Cyrtoclytus caproides caproides (BATES, 1873) ]

ゴマダラモモブトカミキリ  2 exs.
[ Leiopus stillatus (BATES, 1884) ]

シラホシカミキリ  2 exs.
[ Glenea relicta relicta PASCOE, 1868 ]

シロトラカミキリ  2 exs.
[ Paraclytus excultus BATES, 1884 ]

ヒメヒゲナガカミキリ  2 exs.
[ Monochamus subfasciatus subfasciatus (BATES, 1873) ]

ヘリグロベニカミキリ  2 exs.
[ Purpuricenus spectabilis MOTSCHULSKY, 1866 ]

ホンドアオバホソハナカミキリ  2 exs.
[ Strangalomorpha tenuis aenescens BATES, 1884 ]

ムネマダラトラカミキリ  2 exs.
[ Xylotrechus grayii grayii (WHITE, 1855) ]

アトモンサビカミキリ  1 ex.
[ Pterolophia granulata (MOTSCHULSKY, 1866) ]

エグリトラカミキリ  1 ex.
[ Chlorophorus japonicus (CHEVROLAT, 1863) ]

チチブニセリンゴカミキリ  1 ex.
[ Niponostenostola niponensis niponensis PIC, 1901 ]

カラフトヒゲナガカミキリ  1 ex.
[ Monochamus saltuarius (GEBLER, 1830) ]

クロハナカミキリ  1 ex.
[ Leptura aetiops PODA, 1761 ]

コブヤハズカミキリ  1 ex.
[ Mesechthistatus binodosus (WATERHOUSE, 1881) ]

シラケトラカミキリ  1 ex.
[ Clytus melaenus BATES, 1884 ]

ナカジロサビカミキリ  1 ex.
[ Pterolophia jugosa jugosa (BATES, 1873) ]

ニンフハナカミキリ  1 ex.
[ Strangaliella nymphula (BATES, 1884) ]

ヒメアカハナカミキリ  1 ex.
[ Brachyleptura pyrrha (BATES, 1884) ]

ヒメナガサビカミキリ  1 ex.
[ Pterolophia leiopodina (BATES, 1873) ]

フタコブルリハナカミキリ  1 ex.
[ Stenocorus coeruleipennis (BATES, 1873) ]

ホソツヤヒゲナガコバネカミキリ  1 ex.
[ Glaphyra nitida nitida (OBIKA, 1973)< ]

マルモンサビカミキリ  1 ex.
[ Pterolophia angusta (BATES, 1873) ]

ヨツキボシカミキリ  1 ex.
[ Epiglenea comes comes BATES, 1884 ]

その他、ヒメハナカミキリ属 数種数頭

総計:39 種(含初採集 4 種) 122 頭 +α

キンヘリタマムシ 2 exs.
[ Poecilonota pretiosa bellula LEWIS, 1893 ]


記載日:2002.06.18
採集記(総目次)2002年度 採集記(目次)茨城県 カミキリ編 -15- へ続く....