日々の甲虫雑感(2003年 4月・中旬)

53種

先日、茨城県にて生息の確認されているカミキリムシについて「ある種数」を数えてみたところ、なんと53種もあった...。

「ある種数」とは「他県ではすでに採集している」が、「茨城県では採集できていない」カミキリムシの種数である。

何気に採っていないものだ...。

今季はこれらを少しでも減らせるよう、地元でのカミキリ採集に力を入れたいと思う。


2003.04.11 (Fri)
● そういえば...

昨年の今ごろはボルネオの原生林のど真ん中で灯火採集をやっていたんだなぁ...。

あれから1年、早いものよのぉ...。


2003.04.12 (Sat)
● そういえば...(その2)

実は私「隠れ暴将(あばしょう)マニア」。

今週の月曜日、25年間(通算830回)続いた「暴れん坊将軍」シリーズがついに終ってしまった...。

コテコテの展開で名を馳せる「水戸黄門」を軽く凌駕するほどの無理な設定で、あれほど痛快かつ豪快に見せる時代劇はなかったのになぁ...。

なかでも第3シリーズはキャスティングが一新され、松平健(当時34歳)の演技も一番脂が乗っていて最強。

特にオープニングの白馬に乗ったシーンとテーマ曲(シリーズごと微妙に編曲が異なる)との絶妙なバランス、クライマックスの「欲に目がくらんで、余の顔を見忘れたかっ!」という吉宗のセリフや「かような場所に上様がおられるはずがない!」という至極当たり前な黒幕のセリフ、そして一番最後に流れる若山弦蔵のナレーション「〜の吉宗であった」が好きだった。

ちなみに、初回 On air、再放送、ケーブルテレビなどを通じて、全放映分の9割以上は観ているはずである。

暴将ネタだけでHPを立ち上げる自信がある!、と思ったらすでに脱帽系の凄いサイトがあった...。

それにしても、残念...。

ああああああ、残念...。

いつの日か、特番などで「♪ ジャジャジャ〜〜ン ジャ ジャ ジャ ジャ〜〜〜〜ン ♪」とともに天下の風来坊・徳田新之助が戻ってくるのを祈念する次第だ。


2003.04.13 (Sun)
● リンクを更新

神奈川県の roki さんのHP「気まぐれ自然紀行」と相互リンクをさせていただくこととなりました。

昆虫や魚などの生態写真を中心に掲載しているサイトで、写真のひとつひとつが素晴らしいの一言。

正直、弟子入りしたいほどです。

ムシの種類もかなりの数にのぼり、と〜〜っても見応えがあります。

→ 気まぐれ自然紀行


2003.04.14 (Mon)
● 衝動買い...

レコード屋で何気なく見つけたCD。

ちょんまげ天国...。

思わず買っちゃいました...。

2003.04.15 (Tue)
● 自然...

先日、「ここには、こんなに自然が残ってるんですよ〜!」

そんな声がテレビから聞えてきたので、どこなのだろうと画面を見てみると「スギの植林」が映ってた...。

うむむ...。


2003.04.16 (Wed)
● 茨城県 甲虫編 -15-

今回をもって「甲虫食べ歩き」は最終回。

冬季オサ掘りシリーズの「総決算」だ。

採集記 → 『ここ


2003.04.17 (Thu)
● アップ

採集記をアップします。

お待たせしました。


2003.04.18 (Fri)
● う〜〜む...

現在、数名の方からメールをいただいてますが、メールソフトの調子が悪く送信できない状況です...。

解決次第、お返事させていただきます。


2003.04.19 (Sat)
● 仕事です...

今週末はどっぷりと仕事漬け...。

また、メールソフトの件は解決しました。


2003.04.20 (Sun)
● 毎度のことながら...

自宅に缶詰め状態...。

皐月賞でも観てゆっくり過ごすか...。


日々の甲虫雑感(2003年度 目次)前ページ(4月・ 上旬)次ページ(4月・下旬)へ続く|ホーム