日々の甲虫雑感(2003年 7月・中旬)

順調

禁煙を始めてまだ日が浅いものの、補助薬品のお陰か今のところ順調に経過している。

でも、今後1ヶ月、2ヶ月と続けられるのかなぁ...。


2003.07.11 (Fri)
● このところ

本業関係が何かと立て込んでます...。


2003.07.12 (Sat)
● 今週末は

仕事のため東京で留守番です...。

● 欧風

先日、欧州へ行ってきた相棒からお土産をもらった...。

訪花しているところを採ったとのこと...。


[ Stictoleptura cordigera
(FÜSSLINS, 1775) ]

[ Paracorymbia fulva
(DEGEER, 1775) ]


[ Neopiciella sicula
(GANGLBAUER, 1885) ]

[ Leptura aethiops
PODA, 1761 ]


[ Leptura maculata
PODA, 1761 ]

[ Stenurella melanura
(FABRICIUS, 1792) ]


[ Stenopterus rufus (LINNÉ, 1767) ]


[ Clytus rhamni
GERMAR, 1817 ]

[ Chlorophorus sartor
(MÜLLER, 1766) ]


[ Trichodes alvearius (FABURICIUS, 1792) ]

う〜〜ん、なんともヨーロピアンでございます...。

参 考 文 献:COLÉOPTÈRES PHYTOPHAGES D'EUROPE
参考サイト:Cerambycidae


2003.07.13 (Sun)
● ヒゲブトオサムシなのかも...

ヒゲブトオサムシの仲間って、なかなか良いかも...。

体の造りがウソみたいだし...。

アリと仲良しらしいし...。

日本にもちょっとだけいるみたいだし...。

→ Collecting paussines

独特な太い触角もいいけど、やっぱり上翅端両側縁の「えぐれ」がいいよね...。


2003.07.14 (Mon)
● う〜〜む...

天気が...。

明日は雨が降らなければ良いが...。

久しぶりに採集記らしい採集記を書きたいものだ...。


2003.07.15 (Tue)
● 茨城県 カミキリ編 -10-

今日は狙い撃ち、かも...。

採集記 → 『ここ



2003.07.16 (Wed)
● 採集記

アップします...。

お待たせしました...。


2003.07.17 (Thu)
● わ〜〜お...

実体顕微鏡を使える環境に復帰したため、現在いろんなムシを観察中...。


綺麗だなぁ...。


2003.07.18 (Fri)
● 職場にて...

先日、職場の廊下で採集...。

アカアシホシカムシ
[ Necrobia rufipes DEGEER ]

ちょっとコルリ似かな...。

で、図鑑によると「特に動物の骨に集まる」とある...。

そんなもんあったかなぁ...。

ああああ、あるかも...。


2003.07.19 (Sat)
● Subalpine zone への旅...

三種の神器が採りたくて長野県へ行ってみたが...。

やはり天気は味方してくれないようだ...。

1800〜2200m の標高にあるポイントでは、朝から強風、雨、濃霧、低気温(10℃)...。

うひひ、天気がいいや...。


とりあえず、ルッキングをば...。


最近出たと思われる飛孔はあるものの、主の姿はなし...。


次は草原へ...。


ショウマの花...。


ニセフタオビヒメハナカミキリ...。

これは生涯初!


さらに上へ行き、ずぶ濡れになりながらヤブ漕ぎ...。


とても荘厳な景色...。


ちょっとフライングだったようだ...。


ニセフタオビヒメハナカミキリ
[ Pidonia testacea testacea
(MATSUSHITA, 1933) ]

ハイイロハナカミキリ
[ Rhagium japonicum
BATES, 1884 ]

その他、カミキリムシ、雑甲虫がそこそこ。

かなりキツイ条件だったが、付きっ切りでガイドをしていただいた楽苦さんに心より感謝。


2003.07.20 (Sun)
● ううう....

全身筋肉痛...。

強行軍のツケがやって来た...。

う〜〜ん、痛い...。


日々の甲虫雑感(2003年度 目次)前ページ(7月・ 上旬)次ページ(7月・下旬)へ続く|ホーム