2003年度 採集記(長野県 アカムネハナ 編)

夏休み

とりあえず、夏休みということで、以前から一度は行ってみたかった長野県のアカムネハナカミキリの生息地へ行ってみた。

まあ、過去に様々な場所で散々紹介されたネタであり、私が敢えて書くこともないような気もするが、自分の記録という意味でほんのちょっとだけ書いておくことにする。



2003.07.04 (Fri)

長野県 某所

   天気:晴れ
   気温:24.5 度
   湿度:非計測
   風力:3〜4
長野県、アカムネハナ 編

● 一度は行ってみるしかないでしょ...

大雨に煽られ、少々不安になりながら前日の深夜に現地へ到着。

時折、変な音がする暗黒の中、爆睡...。

で、ある有名雑誌の表紙を飾った写真を見ると、アカムネハナは朝っぱらから採れるような印象があるので、早朝4時半から採集開始...。

眠い目を擦りつつ、懐中電灯を片手にクロツバラを探しに行く。

10分ぐらい探しただろうか、とある葉の上に何やらムシがとまっているのを発見した。

なんか前胸背が赤いような気がするのだが...。

ああああああ!

これは!


もう採れちゃった...。

[ Macropidonia ruficollis PIC, 1902 ]

それにしても、こんな早朝から何やってんだろ? >オレ

1頭採れて安心したため、ちょっとだけ2度寝...。

で、6時に再び目が覚めると、周囲はすっかり明るくなっていた。

超有名ポイントだから平日とは言え絶対にカミキリ屋が数人は来るだろうと踏んでいたのに誰もいない...。

聞えるのはカッコウの鳴き声だけ...。

まあ、ポイントを独占できるのだからいいかな...。

ということで、早速、クロツバラのルッキングを開始した。

周囲はこんな感じで、


クロツバラはこんな感じ...。

これに...。

チョウチョ様が加わると、なかなかグッドかも。

こんな感じで、天気などの条件は文句なしに良いものの、肝心のアカムネハナがまったくいない...。

う〜〜ん、おかしいなぁ...。

ん!、日陰の部分に何かいるぞ。

おおおおっ!!

モモグロハナカミキリ!

ラッキ〜〜!

[ Toxotinus reini (HEYDEN, 1879) ]

そして、もう一丁、別のカミキリを発見!

キモンハナカミキリ!

またまたラッキ〜〜!

[ Leptura duodecimguttata FABRICIUS, 1801 ]

そしてそして、もう一丁!

なんと、ヨコヤマトラ!

超ラッキ〜〜!

[ Epiclytus yokoyamai (KANO, 1933) ]

いや〜〜、クロツバラ最高!!

さて、それはそうと本命を探さねば...。

点在するクロツバラを舐めるようにひたすらルッキング...。

う〜〜ん、アカムネハナってとても華々しいイメージがあるんだけど、その採集は極めて地味かも...。

延々とクロツバラの葉を眺めるが、甲虫はハネカクシぐらいしか目に入らない...。

ああああ、駄目かぁ〜〜〜、とため息をつき始めた頃、足下のヨモギに黒い影が...。

わ〜〜お、いた〜!

よかった〜。

これは♀のようだ。

めでたく1ペアゲット。

それにしても、彼らの動きは鈍い...。

本当に翔ぶんだろうか?

その後、またまた不毛な時間が続き、まったくアカムネハナが姿を見せなくなってしまった...。

シーズン的にはそんなに外しているとは思えないのだが、風が強いから?、微妙にピークを越えてしまった?、それとも単に私が下手だから?

真相は不明だが誠にしょぼい...。

相変わらず競合者がゼロだからいいようなものの、これでカミキリ屋でごった返していたら私などは間違いなくボ〜ズを喰らっていただろう。

さ〜〜て、そろそろお昼だし諦めて帰ろうかな...。

ということで、最後に一巡のルッキングをして帰ることに決めた。

で、足下に...。

ああああ、良かった。

何気にベストショットかも。

これで思い残すことはなし。

その後、クリの花を掬ったり、土場の伐採木をちょっとだけ見て帰ったのであった...。


● エピローグ

かなり端折ってしまったが、有名ポイントにおけるアカムネハナ採集の概略は上記の通り。

アカムネハナを実際に手に取ってみた印象は、想像よりも小さくてスレンダー、そして全体的なイメージはやはり格調が高いというか、華々しいというか、図鑑の写真から想像したのとほぼ同じであった。

まあ、ともかく今回は何から何まで教わった採集であり、そうすれば私のような初心者でもなんとか採集できる、という報告にしかならないかも...。

ヨコヤマトラのゲットなど副産物に恵まれたということはあったが、今後はちょっと考えようかな...。

いくら夏休みで開放的な気分であるとは言っても、最近の自分の調子に乗った採集ぶりを反省...。


★★ 採集成績 ★★

カミキリムシ科:Cerambycidae



アカムネハナカミキリ 3 exs.
[ Macropidonia ruficollis PIC, 1902 ]


オオマルクビヒラタカミキリ 2 exs.
[ Asemum striatum
(LINNAEUS, 1758) ]

カラカネハナカミキリ 2 exs.
[ Gaurotes doris
BATES, 1884 ]


フタコブルリハナカミキリ 2 exs.
[ Stenocorus coeruleipennis
(BATES, 1873) ]

ヤマトキモンハナカミキリ 1 ex.
[ Judolia japonica
(TAMANUKI, 1942) ]


ツヤケシハナカミキリ 3 exs.
[ Anastrangalia scotodes
scotodes
(BATES, 1873) ]

キモンハナカミキリ 1 ex.
[ Leptura duodecimguttata
FABRICIUS, 1801 ]


ヤツボシハナカミキリ 2 exs.
[ Leptura arcuata mimica
BATES, 1884 ]

フタスジハナカミキリ 1 ex.
[ Leptura vicaria vicaria
(BATES, 1884) ]


ホンドアオバホソハナカミキリ 1 ex.
[ Strangalomorpha tenuis
aenescens
BATES, 1884 ]

ミヤマホソハナカミキリ 1 ex.
[ Idiostrangalia contracta
(BATES, 1884) ]


ヒゲジロハナカミキリ 2 exs.
[ Japanostrangalia
dentatipennis
(PIC, 1901) ]

マルガタハナカミキリ 1 ex.
[ Judolia cometes
(BATES, 1884) ]


ミドリカミキリ 2 exs.
[ Chloridolum viride
(THOMSON, 1864) ]

ヨコヤマトラカミキリ 1 ex.
[ Epiclytus yokoyamai
(KANO, 1933) ]


ホソトラカミキリ 1 ex.
[ Rhaphuma xenisca
(BATES, 1884) ]

ゴマフカミキリ 2 exs.
[ Mesosa myops myops
DALMAN, 1817 ]


シラホシカミキリ 4 exs.
[ Glenea relicta relicta PASCOE, 1868 ]

総計:18 種(含初採集 6 種)

ハネカクシ科:Staphylinidae


ハイイロハネカクシ 3 exs.
[ Eucibdelus japonicus SHARP ]

コメツキムシ科:Elateridae


ルリツヤハダコメツキ 1 ex.
[ Athous subcyaneus (MOTSCHULSKY) ]

ジョウカイボン科:Cantharidae


キンイロジョウカイ 1 ex.
[ Themus episcopalis (KIESENWETTER) ]

ナガクチキムシ科:Melandryidae


キスジナガクチキ 1 ex.
[ Mikadonius gracilis
LEWIS ]

アオオビナガクチキ 1 ex.
[ Osphya orientalis
(LEWIS) ]

ハナノミ科:Cantharidae


シラホシハナノミ 1 ex.
[ Hoshihananomia perlata (SULZER) ]

他、雑甲虫、数種採集(小型かつ既採集であり撮影省略)


記載日:2003.07.06
採集記(総目次)2003年度 採集記(目次)茨城県 カミキリ編 -10- へ続く....