2003年度 採集記(茨城県 甲虫編 -8-)

ということで...

今週も行っときます..。



2003.02.26 (Wed)

茨城県 某所

   天気:晴れ
   気温:4.1 度
   湿度:非計測
   風力:1
茨城県、甲虫食べ歩き 編(8)

● 低山地

今週も週始めに降った雪の影響が懸念される。

平野部の積雪はたいしたことがなかったが、ちょっと山へ入れば斜面は真っ白だろう。

ただ、前回目ぼしい河川敷は見てしまったので、多少は違うエリアを見ておきたい。しかし、雪のことが気になり場所を絞り込めない...。

そんな感じで、出発の直前まで本日のルートを決めかねていた。

で、結局、何も決まらないまま車を走り出させてしまった...。

まあ、あまり奥まで行かなければなんとかなるだろうということで、低い山の近辺を走り回ってみることにした。

しばらく緩やかな坂を上っていくと、案の定、周囲の景色が「白く」なり始めてきた。

スギの植林が切れたところに、広葉樹のしょぼい2次林があったため車を停めた。

予想はしていたが...。

積雪は10センチぐらいだろうか、パッと見はオサムシが採れそうな倒木などは皆無である...。

とは言っても、せっかくなので多少は材を探してみよう。

雪の下からちょっとだけ顔を出す材の一部を見て善し悪しを判断していくが、やはりめちゃくちゃ効率が悪い...。

ものの10分と探索は続かなかった...。

再び車を走らせる。

途中で県道を折れ、今まで通ったことのない道を流してみる。

すると、目前に大きな崖が見えてきた。

遠目にはなかなか良さそうな雰囲気である。

が...。

う〜〜ん、忍者かスパイダーマンならOKかも...。

この場所は「不戦敗」...。

さらに先へ行く。

5分ぐらい走ったところに、今度はアカマツの2次林があった。

あまり雰囲気は良くないが...。

比較的入りやすい林なので、ちょっとだけチェックしておこう。

で、斜面へ分け入ってすぐに高さ1メートルほどの立枯を見つけた。

ややフカフカに朽ちているようで、あまり期待は持てないが...。

わ〜〜お。

こんにちは!

[ Damaster blaptoides oxuroides SCHAUM ]

期待していなかっただけにうれしい。

その後、絶好の材をいくつか割ってみたのだが、ここではこのマイマイ1頭だけであった...。

気を取り直してポイント探索を続行する。

一端、小高い峠を越え、下り坂となる。

大規模な伐採地に差し掛かり、林道沿いにはムシとの出会いを予感させる「崖」が見える。

悪くないかも。

やや興奮気味に嵌まった石などを落としていく。

しかし、いくらやっても出て来るのはクモやカマドウマといった外道ばかりだ...。

日当たりがよすぎるのかな?

小さな石が集簇して嵌り込んでいる場所を少々深めに掘り進んでみると、キラっと光る平べったいムシが3頭転がり落ちてきた。

おおおお、やっと出てきたか...。

今日こそは生の姿を写真に収めようと思ったが、即座に土の中へ潜ろうとするため、やはり間に合わなかった...。


オオアオモリヒラタゴミムシ
[ Colpodes buchanani HOPE ]

ニッコウヒメナガゴミムシ
[ Pterostichus polygenus BATES ]

で、ここでもこの2種のみのしょぼい成果だったが、いずれも未採集種であったのが救いと言える。

さて、あと残された時間は1時間ほどしかない...。

あまり成果があがってないので参ってしまうが、最後の1ポイントとしてあるエリアを選定しそこへ向かった。

30分ほどで到着。

やっぱり...。


あああ、雪なんて大嫌いだ〜。

日が西へ傾き、気温がだんだん下がってきているのが分かる。

さあ、とっととチェックを済ませてしまおう。

ズブズブと足を取られながら、林内の倒木関係を物色していく。

案の定、2〜3回転んでしまったが、なんとか良さそうな立枯を発見することができた。

表層は手でも崩せるほど柔らかくなっているので、一皮剥いてみると...。

じゃん、


じゃん、


じゃ〜〜ん。

[ Damaster blaptoides oxuroides SCHAUM ]

目的のオサムシではなかったが、本当にいてくれてありがとう。

さきほどのポイントの個体よりも頭胸部の青味が強いかも。

その後、小川沿いにてもう1種ゴミムシを拾って、本日はギブアップということにした。


ヒメマイマイカブリ
[ Damaster blaptoides
oxuroides
SCHAUM ]

キモンナガミズギワゴミムシ
[ Bembidion thermarum
MOTSCHLSKY ]

また来週...。


● エピローグ

ああああ、もう雪は散々...。

1日も早く、降り注ぐ熱い陽射しの下で思いっきり網を振りたいものだ...。


★★ 採集成績 ★★

オオアオモリヒラタゴミムシ 2 exs.
[ Colpodes buchanani HOPE ]

ヒメマイマイカブリ 2 exs.
[ Damaster blaptoides oxuroides SCHAUM ]

キモンナガミズギワゴミムシ 1 ex.
[ Bembidion thermarum MOTSCHLSKY ]

ニッコウヒメナガゴミムシ 1 ex.
[ Pterostichus polygenus BATES ]


記載日:2003.02.27
採集記(総目次)2003年度 採集記(目次)茨城県 甲虫編 -9- へ続く....