2003年度 採集記(茨城県 カミキリ編 -6-)

ダービーウイーク

日記にも書いたが、今週の日曜日は競馬の祭典「第70回 日本ダービー(東京優駿) GI 」。

ここ数年はダービーの日であってもお構いなしに採集へ行っていたのだが、ある馬の出走登録があることから、今年のダービーだけは個人的に特別な感情が入っている。

それは「マイネルソロモン」という馬だ。

この馬は父がトウカイテイオー(無敗の二冠馬)、祖父がシンボリルドルフ(無敗の三冠馬)というまさに私の血を沸騰させる血統を持った馬なのである。

で、マイネルソロモン自身も過去3戦という浅いキャリアながら無敗でここまできており、それはつまり「父仔3代にわたる無敗のダービー制覇」という前馬未到の偉業がかかっていることを意味している。

さあ、マイネルソロモンは東京の2400で真っ先にゴールを切ることができるのだろうか?

これはもう、父と祖父から受け継いだ「血の力」を信じるしかない。

というわけで、ムシ採りへ行ってきます...。



2003.05.28 (Wed)

茨城県 某所

   天気:晴れのち曇り
   気温:18.4 度
   湿度:57.8%
   風力:1〜2
茨城県、へなちょこカミキリロード... 編(3)

● 本日のお題

先日、私が愛読しているムシの「虎の巻」をパラパラ斜め読みしていると、あるムシのところで「ドキっ」とした。

なんとそのムシ、「ムシ不毛地帯」の呼び声高いスギの植林に生息しているらしい...。

どんなムシなのか図鑑を調べてみると、これがまた小さいながら両複眼が大きく飛び出て「宇宙人」あるいは「土偶」のような怪しい格好をしている。

住む場所も形態も一風変わったムシ...。

っしゃ〜〜、今回のお題はこれに決定!

こんな変ちくりんなムシ、採っとかないわけにはいかない。

あれ、カミキリ採りに行くんじゃなかったっけ...。

まあ、最近の私にありがちということでお許しいただこう...。


● 「すっげ〜 いい天気じゃん!」

↑ これ、東京弁ね。

一昨日の予報が頭に残っており、今日はあまり天気が良くないと思い込んでいたのだが、当日になってビックリ...。

もう今日採集しなきゃいつするの?、というぐらい「すっげ〜 いい天気」。

冒頭で書いた「変なムシ」を採りたいのは山々なのだが、ここは初志貫徹、カミキリムシの様子を見に行こう。

さて、時間配分を考え、まずは気になるポイントへ直行。

で、到着...。

嬉しいことにポイントの入り口付近にて、いきなりヘリグロベニカミキリのペアをゲット。

ただ、材の上でおとなしくしていたので、生態写真を撮ればよかったと後悔&反省...。

気を取り直して周囲のルッキングを開始する。

わ〜〜お。


おミズキ様、ご満開のご様子でございます。

これは掬っとかないと。

どこから掬っていいのか迷ってしまうほどだが、適当にネットを掛けていく。

で、カミキリムシはベニ、トガリバアカネトラ、シロトラ、トゲヒゲトラ、フタオビヒメハナ、チャイロヒメハナなどなど、いつものメンバーばかりだが、最近稀に見る大量のカミキリムシに思わず嬉しくなる。

こうこなくっちゃね。

適当にそいつらを摘みつつ、ミズキを次々に掬っていく。

これだけたくさん乱舞していれば、1種ぐらい、あっと驚くようなカミキリムシが入ってもいいようなものだが、結局「駄物ばっかりだもの...」という寒い駄洒落が出るような成果であった...。

どんどん先へ行く。

おおお、ここも良さそうだぞ。

とりあえず、すぐに掬わずルッキング...。

トゲヒゲさん...。

[ Demonax transillis BATES, 1884 ]

チャイロヒメハナさん...。

[ Pidonia aegrota aegrota (BATES, 1884) ]

目に付くのはこの程度...。

ルッキングの後、手の届かない場所を掬ってみたのだが、やはり「駄物ばっかりだもの...」であった...。

駄目押しのソダも駄目であった...。

気象条件に恵まれても、カミキリ運には恵まれていないようだ...。

またまた「へなちょこ偏差値」がぐぐ〜〜んと上がってしまった...。

ということで、次のポイントへ移動。


● スギ林

車をぶ〜〜んと飛ばして、それらしいスギの植林地帯へ到着。

採り方はよく分からないのだが、その変なムシを探してみることにした。

ほんとにこんな場所にいるのかねぇ...。

中腰で地面をじっと見ながら一歩一歩進んでいくと、アリ様、クモ様がしきりに視界を横切っていく。

ふ〜〜む、それ以外のムシはいないようだ...。

さらに15分ほど頑張ってみたが、新たな発見はまったくない。

やっぱり、何の知識もなしに、いきなりそんなムシが採れるわけないよなぁ...。

と、半ば諦めかけていた矢先...。

ほよ?

突然、私の目前に現れたのだが、あなたはもしかして...。


ミヤマメダカゴミムシ
[ Notiophilus impressifrons MORAWITZ ]

っしゃ〜〜〜〜!

いた〜〜〜〜〜!

うむむむ、小さいけどなかなか良いゴミムシだぞ。

ちなみに、けっこうすばしっこい。

ふ〜〜む、本当にスギ林にいるのね...。

まあ、何はともあれ、一撃ゲットできてラッキーだ。

その後、追加を期待してしばらく粘ってみたが、徒労に終った...。


● 冬に下見したんだけどね...

さて、茨城県でまだ採ってないカミキリムシを求めて、冬場に下見したエリアへ行ってみることにした。

木々の葉が生い茂っているため、下見時とは随分と印象が異なるが、車を停めてチェックを開始。

ぶ〜〜〜〜〜〜〜〜ん...。

ん!、何かしら?、ハチ様?

そいつが足下に着地した。

あああ、あなた様でしたか...。

[ Geotrupes laevistriatus MOTSCHULSKY ]

最近伐採された枝を発見。

し〜〜んとしている...。


こんな林道も歩いてみたが、結果はムニャムニャムニャ...。

う〜〜ん、下見はまったく役に立たなかった...。

ということで、ガレ場でちょこっとプテロを採ってポイントを後にすることとした。

特別ゲスト...。

で、帰り際にオニグルミのポイント(数ケ所)へ寄り道。

と言うのも、オニグルミノキモンカミキリ(他県では採集済み)は昔から茨城県で記録があるものの、いまだ出会えていないのである。

個人的にはなかなか良いポイント&樹勢だと思うのだが、今回、オニグルミノキモンは見つからなかった...。

友情出演...。

また来週...。


● エピローグ

スギの植林に住む怪しいゴミムシ...。

ハンミョウモドキ然り、この手のムシにハマってしまいそうな予感かも...。


★★ 採集成績 ★★

■ カミキリムシ科:Cerambycidae

● ハナカミキリ亜科:Lepturinae

チャイロヒメハナカミキリ 1 ex.
[ Pidonia aegrota aegrota (BATES, 1884) ]

● カミキリ亜科:Cerambycinae

ヘリグロベニカミキリ 2 exs.
[ Purpuricenus spectabilis MOTSCHULSKY, 1866 ]

トガリバアカネトラカミキリ 1 ex.
[ Anaglyptus niponensis BATES, 1884 ]

トゲヒゲトラカミキリ 1 ex.
[ Demonax transillis BATES, 1884 ]

総計:4 種 5 頭

オサムシ科:Carabidae

● マルクビゴミムシ亜科:Nebriinae

ミヤマメダカゴミムシ 1 ex.
[ Notiophilus impressifrons MORAWITZ ]

● ナガゴミムシ亜科:Pterostichinae

ハラトゲナガゴミムシ 3 exs.
[ Pterostichus spiculifer spiculifer BATES ]

アブクマナガゴミムシ 2 exs.
[ Pterostichus nishiyamai KASAHARA ]

ツヤヒラタゴミムシの一種 1 ex.
[ Synuchus sp. ]

ハコネモリヒラタゴミムシ 1 ex.
[ Colpodes hakonus takachihoi HABU ]

ヤセモリヒラタゴミムシ 1 ex.
[ Colpodes elainus BATES ]

● ゴモクムシ亜科:Harpalinae

ヒメゴミムシ 1 ex.
[ Anisodactylus tricuspidatus MORAWITZ ]

● アトキリゴミムシ亜科:Lebiinae

オオヨツアナアトキリゴミムシ 1 ex.
[ Parena perforata (BATES) ]

コガネムシ科:Scarabaeidae

センチコガネ 1 ex.
[ Geotrupes laevistriatus MOTSCHULSKY ]

コメツキムシ科:Elateridae

ミドリヒメコメツキ 2 exs.
[ Vuilletus viridis (LEWIS) ]

ミヤマヒサゴコメツキの一亜種 2 exs.
[ Homotechnes motschulskyi ssp. ]

クロコハナコメツキ 1 ex.
[ Paracardiophorus opacus (LEWIS) ]

他、未同定種あり

コメツキモドキ科:Languriidae

ルイスコメツキモドキ 1 ex.
[ Languriomorpha lewisi (CROTCH) ]

→ 標本写真へ


記載日:2003.05.29
採集記(総目次)2003年度 採集記(目次)茨城県 カミキリ編 -7- へ続く....