2003年度 採集記(茨城県 カミキリ編 -7-)

あああああああ....

というわけで、今日も行ってきます...。



2003.06.04 (Wed)

茨城県 某所

   天気:曇り
   気温:21.2 度
   湿度:68.5%
   風力:1〜2
茨城県、へなちょこカミキリロード... 編(4)

● 低め安定

先週までは何らかの目標となるムシがいたのであるが、今回は特に決まっていない...。

まあ、茨城県の未採集甲虫@私を1種でもゲットしたい。

そんな「低め安定」のテンションだ。

いつもの時間に職場を後にし、どんよりと曇った空の下、適当に車を走らせる。

おおお、いい感じで咲いているぞ。

早速、ネットを取り出して掬いにかかる。

が、日当たりが悪いためか、ここではチャイロヒメハナ、セスジヒメハナ、ナガバヒメハナなどのピドニアばっかり...。

他の甲虫は、ヒラタハナムグリ、小さなコメツキたくさん、といった内容であった。

それらを必要なだけ摘み、足下の倒木に飛来したキイロトラを拾って移動する。

おっと!

エゴノキも咲き始めているようだ。

しかし、不発...。


おおおおっと!

スイカズラ。

シラハタリンゴはいるかな?

が、これも不発...。


これは1ミリも集虫力のない花...。

下から覗き込んだりして...。

う〜〜ん、花はけっこう咲いているのだが、ムシの方が今一つ...。

これは今日も「へなちょこ」を上塗る採集行になる予感...。

と、少々凹んでいると、目前に満開状態のノイバラが見えてきた。

よしよし。

ただ、この花はうかつにネットを掛けるとトゲに引っ掛かって破けるので、まずはルッキング。

で、すぐにツヤケシハナのペアを発見することができたのだが、写真は撮れず...。

あとは大したムシがいない...。

アオハムシダマシが多数と...、

[ Arthromacra viridissima LEWIS ]

ハサミムシ様が大発生中...。

「るどるふ ハサミムシ採遊記」なら、間違いなく大興奮の波に包まれたことだろう...。

ちなみに、アオハムシダマシはオオアオカミキリ系と同じような良い匂いがする。

仕方ないので、周囲を歩いてルッキングしてみる。

開き始めたネムの葉にとまるコフキゾウムシ。

こいつらも大発生。

[ Eugnathus distinctus ROELOFS ]

ミーハー系のアカガネサルハムシ。

すごく綺麗なハムシだ。

[ Eugnathus distinctus ROELOFS ]

道中のソダではヒトオビアラゲカミキリをゲット。

しばらくして、樹勢が立派なコゴメウツギのところへ到着した。

開花状況は満開ドンピシャ。

ものすごい大量のムシが乱舞している。

手の届く範囲だけでも、無数のカミキリムシが花から花へ飛び回っているのが見える。

ここでもいきなりネットを掛けず、丹念にルッキング。

良い被写体はいないかな?

おおお!

トガリバさん。

[ Anaglyptus niponensis BATES, 1884 ]

おおお!

コジマさん。

[ Glaphyra kojimai (MATSUSHITA, 1939) ]

目ぼしいカミキリはこのぐらいなので、いよいよ隠れているムシを一網打尽にするとしよう。

多数の花を包み込むようにスイーピングしていくと、みるみるネットの底が真っ黒になっていく...。

「私もう駄目...、これ以上は掬えないわ...」というところで中を覗き込む。

すると、どっへ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(×100)、というぐらいムシが入っており、酒池肉林というかカタストロフの状態...。

これだけたくさんのムシが入ったのは今季初なのではないだろうか...。

写真に収めたかったのだが、次々と逃飛するため、ちょっとムリ。

で、「湯気」のようにハチ様、アブ様が飛び立つなか、ヒヨコの雌雄を瞬時に判別できる職人のごとく手際よく甲虫をピックアップしていくも、秘かに期待していたムシは入っていなかった...。

しばらく同様な作業を繰り返す...。

入っていたカミキリムシを多い順にざっと列挙すると、ピドニア数種(うんざりするほど...)、トゲヒゲトラ、トガリバアカネトラ、ホタル、ニンフハナ、ヒナルリハナ(遅い記録?)、マツシタトラ(少し嬉しい)、こんな感じ...。

ただ、ちょっと悔しかったのはタテジマハナ(生涯初)をニンフかと思って生体写真を撮らなかったことだ...。

最近はケアレスミスが多いなぁ...。

車への帰り際、マルバウツギに飛来していたヘリグロベニ。

訪花している本種は初めて見たかも。

[ Purpuricenus spectabilis MOTSCHULSKY, 1866 ]

そんな感じで日は暮れていく...。

帰る方向へ車を走らせ、途中、目に留まった場所をチェックしつつ温泉へ行くとしよう。

これは民家近くに植えられていた樹木の花だが、この樹木全体からものすごい羽音がする。

うむむ、もしやカミキリタコ採れか?

と思ったのもつかの間、正体は無数のハエ様とボン様であった...。

各部を舐めるように見て回ったが、本当にこの2つのムシしかいないのである...。

変な木...。

少々移動してみると、小さな駐車場の脇に古〜〜〜〜〜〜い材が放置されていた。

樹皮下などに小さな甲虫がいるかも。


表面にはニジゴミムシダマシが多数...。

で、予想通り、樹皮下には他のゴミダマ、アリモドキなど面白い甲虫が隠れていた。

それらを採って、また来週...。


● エピローグ

あまり特徴のない採集だったかも...。

やっぱり目標とするムシが必要だな...。


★★ 採集成績 ★★

カミキリムシ科:Cerambycidae

● ハナカミキリ亜科:Lepturinae

ツヤケシハナカミキリ 2 exs.
[ Anastrangalia scotodes scotodes (BATES, 1873) ]

ナガバヒメハナカミキリ 2 exs.
[ Pidonia signifera (BATES, 1884) ]

ニンフハナカミキリ 2 exs.
[ Strangaliella nymphula (BATES, 1884) ]

セスジヒメハナカミキリ 1 ex.
[ Pidonia amentata amentata (BATES, 1884) ]

タテジマハナカミキリ 1 ex.
[ Parastrangalis shikokensis (MATSUSHITA, 1935) ]

ヒナルリハナカミキリ 1 ex.
[ Dinoptera minuta (GEBLER, 1832) ]

● カミキリ亜科:Cerambycinae

トガリバアカネトラカミキリ 8 exs.
[ Anaglyptus niponensis BATES, 1884 ]

キイロトラカミキリ 1 ex.
[ Demonax notabillis notabillis (PASCOE, 1862) ]

コジマヒゲナガコバネカミキリ 1 ex.
[ Glaphyra kojimai (MATSUSHITA, 1939) ]

ヒトオビアラゲカミキリ 1 ex.
[ Rhopaloscelis unifasciatus BLESSIG, 1873 ]

ヘリグロベニカミキリ 1 ex.
[ Purpuricenus spectabilis MOTSCHULSKY, 1866 ]

ホタルカミキリ 1 ex.
[ Dere thoracica WHITE, 1855 ]

マツシタトラカミキリ 1 ex.
[ Anaglyptus matsushitai HAYASHI, 1955 ]

● フトカミキリ亜科:Lamiinae

ヨツキボシカミキリ 2 exs.
[ Epiglenea comes comes BATES, 1884 ]

総計:15 種(含初採集 1 種) 26 頭

オサムシ科:Carabidae

● アトキリゴミムシ亜科:Lebiinae

ホソアトキリゴミムシ 1 ex.
[ Dromius prolixus BATES ]

コガネムシ科:Scarabaeidae

ヒラタハナムグリ 2 exs.
[ Nipponovalgus angusticollis (WATERHOUSE) ]

コメツキムシ科:Elateridae

ヨツキボシコメツキ 2 exs.
[ Ectinoides insignitus (LEWIS) ]

ヒゲナガコメツキ 1 ex.
[ Neotrichophorus junior (CANDEZE) ]

他、未同定種あり

コメツキモドキ科:Languriidae

ルイスコメツキモドキ 4 exs.
[ Languriomorpha lewisi (CROTCH) ]

ゴミムシダマシ科:Tenebrionidae

コツヤホソゴミムシダマシ 3 exs.
[ Menephilus lucens MARSEUL ]

ニジゴミムシダマシ 2 exs.
[ Tetraphyllus lunuliger (MARSEUL) ]

ハムシダマシ科:Lagriidae

アオハムシダマシ 2 exs.
[ Arthromacra viridissima LEWIS ]

アリモドキ科:Anthicidae

ムナグロホソアリモドキ 1 ex.
[ Sapintus cohaeres (LEWIS) ]

ハムシ科:Chrysomelidae

アカガネサルハムシ 1 ex.
[ Acrothinium gaschkevitchii MOTSCHULSKY ]

ゾウムシ科:Curculionidae

コフキゾウムシ 4 ex.
[ Eugnathus distinctus ROELOFS ]

ホホジロアシナガゾウムシ 1 ex.
[ Mecysolobus erro (PASCOE) ]

リンゴコフキゾウムシ 1 ex.
[ Phyllobius armatus ROELOFS ]

→ 標本写真へ


記載日:2003.06.05
採集記(総目次)2003年度 採集記(目次)茨城県 カミキリ編 -8- へ続く....