2005 June

 

 
2005.06.01 (Wed)
夕暮れのスイカズラ...

とあるパーキングエリアにてスイカズラをみつけたので、ちょっとだけ観察してみました。

あま〜い香りが充満してます...


スイカズラ [ Lonicera japonica ]


食痕がありました...


ひゃっほ〜、でも、お取り込み中でしたね...


わ〜〜お、ここにも...


シラハタリンゴカミキリ [ Oberea shirahatai OHBAYASHI,1956 ]

その他、写真には撮れませんでしたが、スイカズラの周辺を多数のシラハタリンゴカミキリが乱舞しておりました...。

久々のパラダイス発見です...。

 

2005.06.02 (Thu)
備忘録...

採集記を書くまでの内容ではないが、忘れると困るので先日の成果を記しておく。

データ:茨城県北部、雨のち晴れ、15-23℃


カッコウカミキリ(*) [ Miccolamia cleroides BATES,1884 ] 1ex. BT


シナノクロフカミキリ [ Asaperda agapanthina agapanthina BATES,1973 ] 2exs. LK


アトモンサビカミキリ [ Pterolophia granulata (MOTSCHLUSKY,1866) ] 4exs. LK


ドウボソカミキリ(*) [ Pseudocalamobius japonicus japonicus (BATES,1873) ] 2exs. BT


フタオビチビハナカミキリ [ Pidonia puziloi (SOLSKY,1873) ] 0ex. LK

その他:
チャイロヒメハナカミキリ [ Pidonia aegrota aegrota (BATES,1884) ] 1ex. LK
ニンフホソハナカミキリ [ Parastrangalis nymphula (BATES,1884) ] 1ex. BT
キクスイカミキリ [ Phytoecia rufiventris GAUTIER,1870 ] 2exs. LK
ナカジロサビカミキリ [ Pterolophia jugosa jugosa (BATES,1973) ] 1ex. BT
ヒメナガサビカミキリ [ Pterolophia leiopodina (BATES,1873) ] 1ex. BT

シロオビナカボソタマムシ [ Coroebus quadriundulatus MOTSCHULSKY,1866 ] 2exs. LK

シリブトヒラタコメツキ(*) [ Eanoides puerilis (CANDEZE,1873) ] 1ex. BT

ヒメホソナガクチキ(*) [ Serropalpus filiformis MARSEUL,1876 ] 1ex. BT

アケビタマノミハムシ(*) [ Sphaeroderma akebia OHNO,1967 ] 2exs. LK

リュイスアシナガオトシブミ [ Henicolabus lewisii (SHARP,1889) ] 2exs. BT(ケヤキ)

(*):生涯初採集...。

 

2005.06.03 (Fri)
懲りずに撮り直してきましたが...


ルリカミキリ [ Bacchisa fortunei japonica (GAHAN,1901) ]

またまた葉の影になっていてイマイチですね...。

今後も一層の撮影修行に励みます...。


ムネアカオオアリ [ Camponotus obscuripes MAYR,1878 ]

This PHOTO is for pussyfooting...

 

2005.06.04 (Sat)
ようやく...

夏らしくなってきたかも...。


キイロトラカミキリ [ Demonax notabilis (PASCOE,1862) ]


ラミーカミキリ [ Paraglenea fortunei (SAUNDERS,1853) ]


ウスイロトラカミキリ [ Xylotrechus cuneipennis (KRAATZ,1879) ]

 

2005.06.05 (Sun)
Curious cocoon...

むむむ、広葉樹の立ち枯れで面白いものを発見...。

粗いメッシュのカゴの中に、なにやらサナギのようなものが入っているぞ...

おそらく、ガのサナギだろうと予想してネットを検索してみたものの(図鑑を持っていないため)、正解どころかそれに近づくヒントすら見つからない...。

で、【みんなで作る日本産蛾類図鑑V2】にて尋ねたところ、コケガの仲間でしょう、という即レスをいただきほぼ解決した。

このコケガの仲間の幼虫(毛虫)は自分の毛をむしって繭を作るそうだが、こんな超スケスケ...、もとい、シースルーな繭で本来の役目を果たせるのだろうか...。

ガの世界も奥が深く楽しそうだ。

ご教授、感謝いたします。
 



備忘録@忘備録...

データ:山梨県、雨のち曇り、18-24℃

チャボハナ1、ツマグロハナ3、ハネビロハナ1、ミヤマホソハナ3、フタオビチビハナ2,ニンフホソハナ1、ウスイロトラ2、トガリバアカネトラ1、キイロトラ1、トゲヒゲトラ1、キスジトラ1、エグリトラ1、シラケトラ1、ヒシ2、ヘリグロベニ1、ミドリ4、ラミー1、アトジロサビ1、シロオビゴマフケシ1、ビロウド1、ヨツキボシ1、シラハタリンゴ2(順不同)

その他、ビミョーなムシなど...。
 

2005.06.06 (Mon)
Focal length...

最近よく見かける被写体にて撮り比べ...。

SIGMA AF 18-50mm F2.8 EX DC


AF DX Fisheye Nikkor ED 10.5mm F2.8G


TAMRON SP AF 90mm F2.8 Di MACRO 1:1


Nikon E4500

・・・ 主演 ・・・
シラハタリンゴカミキリ [ Oberea shirahatai OHBAYASHI,1956 ]

 
お粗末さまでした...。
 


備忘録@忘備録...

データ:神奈川県、晴れ時々曇り、20-24℃

ツマグロハナ1、キイロトラ1、シラハタリンゴ7

その他、ビミョーなムシなど...。
 

2005.06.07 (Tue)
Big eyes...


クマバチ [ Xylocopa appendiculata circumvolans SMITH,1873 ]
 


UMA...


ウマ [ Equus caballus (domestic) ]

 
2005.06.08 (Wed)
一応、行ってきましたが...

例年になくムシが少ないです...。

ハネビロハナカミキリ [ Leptura latipennis MATSUSHITA,1933 ]


ゴマフカミキリ [ Mesosa myops myops (DALMAN,1817) ]


チャイロホソヒラタカミキリ [ Phymatodes testaceus (LINNAEUS,1758) ]


また来週...

 


備忘録@忘備録...

データ:茨城県、晴れのち曇り、16-22℃

ヒメスギ1、ハネビロハナ1、ナガバヒメハナ3、キベリクロヒメハナ1、ニンフホソハナ2、トガリバアカネトラ3、トゲヒゲトラ2、キスジトラ1、チャイロホソヒラタ1、コジマヒゲナガコバネ2、ベニ1、ナカジロサビ3、クワサビ1、シラハタリンゴ1(順不同)

その他、ビミョーなムシなど...。
 

2005.06.09 (Thu)
long foot...


アシナガオニゾウムシ [ Gasterocercus longipes KONO,1932 ]
先日訪れた山梨県のソダ置き場で大量に発生していました。

樹種はおそらくエノキだと思います。

長い前脚がそそります...。
 



BOZE...


ボウズナガクチキ [ Bonzicus hypocrita LEWIS,1895 ]

これも同じ場所で見つけましたが、少々古い材の上を徘徊しています。

動きはけっこう俊敏です(ピンボケご容赦ください...)。

腿節のオレンジ色がオシャレですね。
 

2005.06.10 (Fri)
で...

やっとのことで、まあまあな写真が撮れました...。

ルリカミキリ [ Bacchisa fortunei japonica (GAHAN,1901) ]

>>> 採集記 <<<

出逢いに至る3年間の想いを書いてみようかと思っています...。
 

2005.06.11 (Sat)
大人への脱皮...


ナミテントウ [ Harmonia axyridis (PALLAS,1773) ]

羽化したてのナミテントウ...。

黒い斑紋の大きさは個体差があるそうです。

しっかり子孫を残してくださいね...。
 



long antenna...


ホソオビヒゲナガ [ Nemophora aurifera (BUTLER,1881) ]

長い触角をピラピラさせながら飛んできたホソオビヒゲナガ...。

花弁のすき間から器用に吸密しています。

これは♀のようですが、♂の触角はさらに長いそうです。

※ ルリカミキリの採集記はしばらくお待ちください...。
 

2005.06.12 (Sun)
いよいよ夏本番です...


ツマグロハナカミキリ [ Leptura modicenotata PIC,1901 ]

 


ラミーカミキリ [ Paraglenea fortunei (SAUNDERS,1853) ]

 
2005.06.13 (Mon)
大移動...

え〜〜と...、一昨日は奈良日帰り、昨日は福岡日帰りでございました...。

ということで、今は何もする気力が起きません...。

メールのお返事、採集記の執筆、写真集の発送は数日のうちに行います...。


奈良公園の名物かもです...


ヤマビル [ Haemadipsa zeylanica japonica ]

今回は吸われなかったぞ...。 >血

でも、雨のためかルリセンチは見なかったなぁ...。

 

2005.06.14 (Tue)
抜け殻...

5月9日に発見したジャコウアゲハのサナギを毎週確認していたのだが、ようやく羽化したようである...。

先週まではまだ入っていたので、蛹の期間は約1ヶ月であったことになる。


晴れ姿は見られなかったが、毎週通うとさすがに愛着が湧く...


シラハタリンゴカミキリ [ Oberea shirahatai OHBAYASHI,1956 ]

一応、まだいるという記録です...。

 

2005.06.15 (Wed)
長年の宿題...

午前中は18℃という肌寒い気温に出撃を躊躇していたが、午後から夏日になるという予報を信じて良かった...。

ここが本日の超目玉ポイント...

建築現場の脇に積み上げられている材に、大量のカミキリムシが湧いていた。

見た目多い順にざっと種類を挙げると、キイロトラ、ホタル、エグリトラ、キスジトラ、ゴマフ、ベニ、シロオビゴマフ、ヨツキボシ、ミドリなど。

おとなしいヤツから写真を撮っていく...。


キスジトラカミキリ [ Cyrtoclytus caproides BATES,1873 ]


ホタルカミキリ [ Dere thoracica WHITE,1855 ]


ヨツキボシカミキリ [ Epiglenea comes BATES,1884 ]

で...。


クリストフコトラカミキリ [ Plagionotus christophi (KRAATZ,1879) ]

これ...、茨城県ではけっこう珍なカミキリムシなのだ...。

あああ、この数年来、茨城県北調査の目標種としていたうちの1種をようやく採ることができた...。

さあ、次を頑張ろう。
 



備忘録@忘備録...

データ:茨城県北部、曇り後晴れ、18-27℃

ツヤケシハナ1、ホタル2、クリストフコトラ(▲)1、トゲヒゲトラ1、キスジトラ1、キイロトラ1、エグリトラ1、シラケトラ1、ミドリ1、シロオビゴマフ1、ヨツキボシ3、シラハタリンゴ5(順不同)

その他、ビミョーなムシなど...。

▲:茨城県自己初...。
 

2005.06.16 (Thu)
なぜか...

数年前から集虫力が高いと聞いていた花...。

毎年気がつけばマメに掬っているのだが...。


オオバアサガラ [ Pterostyrax hispida ]

先日も天候に恵まれたにもかかわらず、なにも採れなかった...。

う〜〜ん、場所が悪いのかな...。
 

2005.06.17 (Fri)
pregnant...


クルミハムシ [ Gastrolina depressa BALY,1859 ]

う〜〜ん、重そうです...。
 

2005.06.18 (Sat)
海岸をぶら〜〜り...

ふと、思うところあって海岸へ...。

一見穏やかながらも、ものすごい風が吹き荒れています...

それにしても、海岸には色々なもの(ゴミ)が打ち上げられています...。

でも、この汚さがポイントなのです...。

で、躊躇せずにゴミをひっくり返していきます...。


幼虫...


ヤマトアオドウガネ [ Anomala japonica japonica ARROW,1913 ]


ベニカミキリ(だった)...


う〜〜む、ドドンパな流木がありました...


ビンゴでございます...


ヒョウタンゴミムシ [ Scarites aterrimus MORAWITZ,1863 ]

コガネムシの幼虫を食べるんですね...。

あと、オマケなムシも発見。


オサムシモドキ [ Craspedonotus tibialis SCHAUM,1863 ]


う〜〜ん、たまには山でなく海もいいものですね...

あと、本日は くもんさんに色々とポイントを案内していただきました。

とても貴重な知見を得ることができて感激しています。

お忙しい中、本当にありがとうございました。

生涯初採集のカミキリムシをここに記録しておきます。

カッコウメダカカミキリ [ Stenhomalus cleroides BATES,1873 ]
 

2005.06.19 (Sun)
ceremony of entering the ring by YOKOZUNA...


ヨコヅナサシガメ(成虫) [ Agriosphodrus dohrni (SIGNORET,1862) ]

う〜〜ん、大きくなったものです...。
 

2005.06.20 (Mon)
outstare...


ハンノアオカミキリ [ Eutetrapha chrysochloris chrysochloris (BATES,1879) ]

そんなに睨まないでください...。
 

2005.06.21 (Tue)
むむむ...

先日、思いもよらないポイントにいたとのこと...。

コトラカミキリ [ Plagionotus pulcher BLESSIG,1879 ]

しばらく調査を重ねた後、関連雑誌へ投稿する予定です...。
 

2005.06.22 (Wed)
「初」が多かったかも...

(真)夏日となった本日、私の「原点」とも言えるポイントへ...、ぶら〜〜〜〜り...。

所々、コゴメウツギが満開となっていて、なかなかグッドなのだが...。


ムシ...、いないです...

いてもトゲヒゲトラ、ツヤケシハナ、ニンフホソハナ、シロトラぐらい...。

どのコゴメウツギも満開のくせにダメダメなので、以前から怪しいと睨んでいるホウノキへ...。

う〜〜〜ん、食痕がある...。

ムシがいるような影が見えるので、掬ってみるか...。


オオホソコバネカミキリ [ Necydalis solida BATES,1884 ]

ほよ...。

隣にブナの立ち枯れがあり、たまたま翅を休めていただけなんだろうけど、これはこれでラッキ〜〜。

今年の初ネキは my fieldでゲットできた。

茨城のソリダは♀しか採っていなかったので、これもラッキ〜。

で、フチグロヤツボシもいたのだが、不覚にも逃してしまった...、アンラッキ〜〜〜。

・・・ いろいろ採る. com ・・・

さあ、タイムアップ...。

帰り際、気になる材が...。


ヤツメカミキリ [ Eutetrapha ocelota (BATES,1873) ]

ああああ、やっと茨城で採れた...。

その他、カミキリムシ以外の甲虫を含めいくつかの「初」があった。

う〜〜ん、my fieldで未採集種を採っていく充実感は何物にも替えがたい。
 



備忘録@忘備録...

データ:茨城県北部、晴れ、23-31℃

ヤツメ(▲)4、シラホシ4、ツヤケシハナ3、オオヒメハナ(▲)2、ミドリ2、オオホソコバネ1、ハネビロハナ1、ヨツスジハナ1、タテジマホソハナ1、ホタル1、シロトラ1、トガリバアカネトラ1、キスジトラ1、エグリトラ1、キイロトラ1、ヒメヒゲナガ1、セスジヒメハナ1、ナガバヒメハナ1、シナノクロフ1、アトジロサビ1、ヒメナガサビ1(順不同)

その他、ビミョーなムシなど...。

▲:茨城県自己初...。
 

2005.06.23 (Thu)
mysterious green...


ミドリカミキリ [ Chrysanthia integricollis HEYDEN,1886 ]

茨城県北地域ではさほど多くないカミキリムシです...。
 

2005.06.24 (Fri)
久々に...

本日はムシのネタがありません...。

ベニジュケイ [ Tragopan temminckii ]

ちょっとだけ「るどるふ」を充電させてください...。
 

2005.06.25 (Sat)
御礼

お陰さまで当サイトは100万アクセスを迎えることができました。

いつもご覧いただき本当にありがとうございます。心より御礼申し上げます。

開設してからの約5年9ヶ月、様々なことがありましたが今やすべてが良い想い出となっています。

素人が運営する拙いサイトですが、これからも無心にムシを追いかけていこうと思っておりますので、引き続きご贔屓にしていただければ幸いです。

今後ともよろしくお願い申し上げます。


スマトラトラ [ Panthera tigris sumatorae ]

ということで、虎を探しに行ってきます...。
 

2005.06.26 (Sun)
コトラ様...

とりあえず、行ってきました...。

コトラカミキリ [ Plagionotus pulcher BLESSIG,1879 ]

で、本当にいました...。

夕方に2♂採集することができ、1頭は逃がしてしまいました...。

それにしても格調の高いトラカミキリです。

オオトラカミキリはトラカミキリの王様として別格ですが、このコトラカミキリもトラカミキリの中のトラカミキリという風格を漂わせています。

表現するならば、「虎虎(コトラ)」でしょうか...。

日帰りで疲れましたが、行った甲斐がありました。
 

2005.06.27 (Mon)
まっかっか...

ぶら〜〜り、気の向くまま海の方へ...。

う〜〜む、タブノキが食害されている...


おおお、いた...


目の前にも...


ホシベニカミキリ [ Eupromus ruber (DALMAN,1817) ]

やや時期が遅いので、もういないだろうと思っていたのだが、結局、タブノキに鈴なりについていた...。

タブノキの害虫ながらも、近場で出遇える貴重なカミキリムシのひとつかも...。
 

2005.06.28 (Tue)
毎日暑いので...


ミナミアフリカオットセイ [ Arctocephalus pusilus pusilus ]

涼しげな写真をば...。
 

2005.06.29 (Wed)
東北地方の梅雨入りで...

茨城県北部は午後からけっこう強い雨...。

ということで、条件の良いエリアまでひたすら南下...。


ヨツスジハナカミキリ [ Leptura ochraceofasciata ochraceofasciata MOTSCHULSKY,1861 ]


キマダラカミキリ [ Aeolesthes chrysothrix chrysothrix (BATES,1873) ]

私にとっては新ポイントの探索にほぼ等しく、ロクなムシが採れませんでした...。

相変わらずの へなちょこカミキリロードです...。
 



備忘録@忘備録...

データ:茨城県南部、晴れ、27-32℃

シラハタリンゴ3、ツヤケシハナ3、ツマグロハナ2、ヨツスジハナ2、シナノクロフ2、キマダラ1、キスジトラ1、トゲヒゲトラ1、キッコウモンケシ1、ケシ(▲)1、クワサビ1(順不同)。

その他、ビミョーなムシなど...。

▲:茨城県自己初...。
 

2005.06.30 (Thu)
あああ...


早くも6月が終わってしまった...。

来月は怪気炎モクモクかもしれません...。
 


 
backhome