2005 September

 

 
2005.09.01 (Thu)
モコモコ...

先日の採集で見つけた不思議なモコモコ...。

純白の綿毛がモコモコと波を打つように動いていました...。


セミヤドリガ [ Epipomponia nawai DYAR,1904 ]

ネットの「幼虫図鑑」にて調べてみると、どうやらセミヤドリガの繭らしいのですが、その生態が恐ろしい...。

「セミの成虫(主にヒグラシ。その他ミンミンゼミ、アブラゼミ)の腹部に寄生し、体液を吸う。」

ひえ〜〜。
 

2005.09.04 (Sun)
何だか...

どうしても生態写真が撮りたくなって、また性懲りもなく車を走らせてしまいました...。

この前行ったばかりなのに...。

相変わらずの「ムシ屋バカ一代」です...。

で、ぶら〜〜り、林内をうろついていると...。

ほよ〜〜〜!

オオトラカミキリ [ Xylotrechus villioni VILLARD, 1892 ]

あああああ...、待って待って、まだ心の準備が...
オオトラカミキリ [ Xylotrechus villioni VILLARD, 1892 ]

う〜〜ん、もうこれが我慢の限界かも...
オオトラカミキリ [ Xylotrechus villioni VILLARD, 1892 ]

あああああ...、採っちゃった...

今回は念願の生態写真をや〜〜っと撮ることができたので、それはもう大変嬉しかったのですが、撮影技術以上にもっと精神面を強化しないといけませんね...。

※ female, body length 27.1mm
 

2005.09.06 (Tue)
acrobatic eclosion...

それにしても...

すごい格好ですね...

 

●●● お知らせ ●●●

トップページでもお知らせしておりますが、写真集(秋・冬版)の編集が完了しました。

詳細は → こちらへ...。
 

2005.09.08 (Thu)
Thank you very much...

今回も写真集を多数の方にご要望いただき、とても嬉しく思います。

本当にありがとうございました。

この場を借りて御礼申し上げます。

で、本日は信じられないくらいの真夏日となり、強烈な「衝動」を抑えるのに大変苦労しました...。

行った人は「むふふ」だったんだろうなぁ(泣)...。 ・・・ 間違いない


あああああ、また貴女と「むふふ」がしたい...

でも...、やっぱりあと1年待たなきゃですね(涙)...。 >むふふ
 

2005.09.09 (Fri)
6周年...

お陰さまを持ちまして、当サイトは本日6周年を迎えました。

いつもご覧いただいている皆さまには、心より御礼申し上げます。

いつまでも初心を忘れることなく、ムシと自然体で向き合っていきたいと思います。

今後ともよろしくお願い申し上げます。
 

2005.09.11 (Sun)
むむむ...

本日は特に採集の予定を入れていませんでしたが、今年行けなかったエリアを中心に下見がてらぶら〜〜り何ヶ所か回ってきました...。

おおおお...

こんなところに...?、という場所で見つけました...。

他にもいくつかの面白そうな場所を発見でき、充実した下見行でした。

う〜〜ん、来年が楽しみです。
 

2005.09.13 (Tue)
はてさて...

今季の採集予定も数えるほどとなってきました...。

今年はあとどれぐらいムシと出逢うことができるのでしょうか...。


このところ採集記の執筆をさぼっておりますが、今季ラストへ向けての採集については各々書く予定ですのでお楽しみに。
 

2005.09.15 (Thu)
やはり、う〜〜ん@う〜〜ん...

この3日ほど、自分の過去の採集記を年甲斐もなく想い出に浸りながら読みふけっていた...。

う〜〜ん、我ながら面白いし、クレージーなほどにクレージーだし、当時の様子を瞬時に思い出せるし、そもそもこれだけの分量をよく書いたものだと感心してしまった...。

で、一通り読み終えて、何か心に引っかかるものをしかと感じた。

それが何なのかすぐには判らなかったが、しばらく考えてみると、やはり年々自分自身の感動が薄れているというか、競馬用語で言う「ズブく」なってしまっているような気がしてならないのである。ついでに言うなら、最近は表現も極めて薄っぺらで、とても人に何か楽しいことを伝えようとする形態をまったくなしていない...。

特に今年はヨコシマな欲望を全面に押し出したツマラナイ採集記が多かったのは否めないだろう...。

少なくとも昨年までの採集記はそうじゃなかったはずだ。

つまり、相手が「珍品や大物」であろうが「いつものやつら」であろうが、ムシそのものが好きで仕方なく、ゲットした喜びを素直にストレートに読者の皆さんへお伝えすることに最も重点を置いていたし、それが造作もなくできたのである。

それが今はどうだろう、経験や情報が増えてくるに従い、採れてほぼ当たり前な採集に溺れた揚げ句、読んでいて気持ちの良い採集記すら書けなくなってしまった...。

これでは自称「ネット採集記屋」は完全に失格だし、危機的状況である...。

どうしてこうなってしまったんだろうか...。

まあ、正直いくつも理由は思い浮かぶが、虚しくなるので列挙するのはやめておこう...。

ということで、ここで一回リセットをかけたいと思う。

「リセット!」

以上、懺悔でした...。
 

2005.09.16 (Fri)
写真集...

本日、写真集(秋・冬版)の初版が手元に届きました。

印刷もなかなか良い仕上がりです

ご予約いただいている方には即日発送いたしますので、到着までしばらくお待ちください。

不足分はこれから増刷する予定です。
 

2005.09.19 (Mon)
この連休は...

仕事でどこへも行けません...。

でもその代わり、いろんな方々とメール交換やお話ができ、とても充実した連休となりました。

さて、今週はどこへ行こうかな...。
 

2005.09.22 (Thu)
造形美...

この2〜3日、外国人とムシの写真交換をするため、昔の写真を引っ張り出していろいろ整理していました...。

で、スタジオ風にカミキリムシを撮っていた時期のものをたくさん発掘...。


シロスジカミキリ [ Batocera lineolata CHEVROLAT, 1852 ]

それにしても、自然の造形美というか、何というか...。

人の力じゃこんな凄いもの創れないよね...。
 

2005.09.23 (Fri)
ということで...

行ってきました...。

フジコブヤハズカミキリ [ Mesechithistatus fujisanus HAYASHI, 1957 ]

>>> 2005年 コブの旅 <<<


 
2005.09.27 (Tue)
難攻不落...

うお〜〜〜〜! レッツゴ〜〜!

♪ 薄紅のコスモスが秋の日の〜、チャラララ〜、チャララララ、チャララララ〜 ♪
♪ この頃 涙もろくな〜った母が〜、チャララララ、チャララ〜、チャララララ〜 ♪

本日は久しぶりに茨城県で採集を行いました。

そう、この時期の茨城と言えば「アレ」ですね...。

この数年間、散々攻め叩いてもまったく落ちないアレです...。

いいかげん、落としたいんですよね...。

んがががが、幸運にも今の私には「テン印の鶩ネット」があるのです。

マジカルパワーに期待しましょう。

・・・ あたたたたたたた!.com ・・・


♪ ヒュ〜ルリ〜〜〜、ヒュ〜ルリ〜ララ〜〜、外道ばかりが落ちてくる〜〜 ♪

う〜〜〜ん、久々の「お坊さん」でした...。

さすがは県内最難関種....、難攻不落です...。
 

2005.09.28 (Wed)
wild kiwi fruits...

そういえば、昨日の採集の際に立ち寄った林道で、たまたまサルナシの群落を見つけました。

サルナシ [ Actinidia arguta (Sieb. et Zucc.) Planch. ex Miq. ]

ちょっと酸っぱかったけど...。

かねてからサルナシ好きなサペルディーニを茨城県内にて採集したかったので、来シーズンがとても楽しみです。
 

2005.09.29 (Thu)
a red spider lily ...

この時期はそこかしこで咲いているのを見かけます...。

ヒガンバナ(曼珠沙華) [ Lycoris radiata Herb. ]

次回もし間に合えば、萌えるような、もとい燃えるような「赤」を写真に収めたいな...。
 


 
backhome