へなちょこの旅...
へなちょこカミキリロード 2006
 

 
2006.08.14 (Mon)
 
え〜〜〜と、実はこのところ4回連続の撃沈(恥ずかしいので誰にも言わないでください)...。

本のタイトルどおり へなちょこカミキリロードをばく進中だ...。

というのも、毎回天気に泣かされ、そのうちの1回はほぼ不戦敗である...。

ということで、週を追うごとに萎え萎え気分がエスカレートしているのだが、一応、自称(というか不肖)ネット採集記屋の性なのか、たまには採集記を書かないとお尻の辺りがムズムズしてしまうのはいかがなものか...。

何だか日本語になってない...。

まあ、とりあえず行ってきます...。



今季の前半は天気とムシとの巡り合わせがそこそこ調子が良かったのだが、後半はどういうわけか最悪方面にシンクロしまくりで、本当に毎回毎回何もかもが芳しくない...。

まあ、自分の腕の悪さを天気のせいにしていると言われればそれまでだが...。

というか、今までが単に奇跡的でミラクルな幸運の連続であったに過ぎず、ここ1ヶ月のようなベコベコの状態が「へなちょこ」本来の姿なのだろう。

きっと私があまりおごり高ぶらないよう、神様が老婆心から釘を刺しているのだと思う。

ということで、また一から頑張ります...。

それはそうと、カレンダーを見ればあっという間に8月も中旬。

さすがにシーズンも終盤にさしかかり、フィールドで出会えるカミキリムシの種類も徐々に減ってきている。

そんな中で、一度だけでも良いから出会っておきたいカミキリムシがいるのだが、種類を絞らずとも、この時期のムシはどれも一筋縄ではいかない種類が多い...。

初挑戦となった昨年は、当然ながらまったくかすりもしなかったし、もちろん今季もそうなる可能性はかなり高い...。

まあ、とにもかくにも、行かないと採れないことに変わりはないため、今年もノコノコと出かけてみることにした...。

で、本来はいつものごとく火曜日に行く予定を立てていたのだが、天気予報を見ると火曜日には傘のマークがキッチリ@カッチリ...。

そんなわけで、急遽、仕事を早めに片づけ、禁断の月曜日の出撃となった...。

今回は びおさん、うめちゃんとの久々の採集行である。

お盆休みの渋滞を避けるため、いつもより早めに自宅を出発...。

最近メンテを行った車はすこぶる快調で、道路が縮んで短くなったような錯覚を感じつつ、どこでもドア的にポイントへ到着した...。

ただ、時間がかなり早いため、気温は14度とかなり寒い...。

ああああ、吐く息も冬のように白く、本当に8月なのかと山を問いただしたくなる...。

びおさんからの連絡では、事故渋滞に巻き込まれたとのことで、かなり遅くなりそうとのこと...。

はてさて、ではでは、ちょっくら周辺を叩いて時間を潰しますかね...。

朝露に濡れたヤブを漕ぎつつ、その辺に転がっている針葉樹の材からビートを開始。


う〜〜ん、いるかな?

ビート@びーと@Beat...。

すると、すぐさまカミキリムシが落ちてきた。


名無しのドイちゃま(別名:ここのドイちゃま)...

っしゃ〜!

今日は時期的に出会えないと思っていただけに嬉しい。

これがまた小さいながらもカッコ良いカミキリムシなのである。

その後、7〜8頭の追加を得て一旦車へ...。

ふ〜〜〜む、相変わらず びお班は到着していないようだ。

まあ、ここでぼけ〜〜〜っと待っていてももったいないので、とりあえず他のエリアをざっと見ておこうか...。

一応、びお班が迷わぬよう、こっそりと極秘の暗号も残しておく。


るど→...

ん!

なんだこれ??

うわ〜〜〜〜、ズボンが羽アリだらけ...。

なんで??


高い蟻口密度...

ああああ、これか...。

うひ〜〜〜...。

さて、車で適当に流していると、少ないながら林道沿いにはノリウツギがポツポツと咲いている...。

今年はなんだか、どこも花付きが悪い...。

時間的にはまだ早いと思われるが、ジャブ程度のスイープを試みる。


ノリウツさん

ネットの中を見てみると、ニンフ、ニョウホウ、ハコネホソハナ、フタスジハナなどなど...。

まあ、予想通りの面々...。

そんなことをしなが先へ進み、とうとう、今年もあのポイントへ到着した。

天気がどうなるのか先が読めないが、本日はここで待ち伏せ作戦を展開する予定である。

折畳みのイスを出し、どっしりと腰をうずめた。

30分ほど「風林火山」の「山」になってみたが、まったく何も飛んでこないため、「風」になることにした...。

が、その矢先、びお号がす〜〜〜〜っと風下の方から、潜水艦が浮上するように現れた。

「うい〜〜っす」

うめちゃんとは数年ぶりの再会だ。

で、これまでの状況をお話して、結局、私はこの周辺で粘ることにし、びお班は「ここのドイちゃま」のご尊顔を拝みに行くということになった。

ということで、私はイスに嵌り込むようにどっしりと座り、再び「山」になる...。

が、一向に「アナホジマヌム(※)」は現れない...。

※ヒント:ある表記の逆さ読み...。

まあ、天気も曇り優勢で晴れ間がほとんど見られないのが痛い...。

仕方なく、ここで「火」となることにした。

ネットを片手に、イスから立ち上がった。

とりあえずは風下の方へ行ってみよう。

林縁をルックしながら、足元の側溝にも視線を配る。


この側溝という自治体が仕掛けたトラップは侮れないぞ!

おおおおおお!

早速見つけた!


アカガネオオゴミムシ [ Trigonognatha cuprescens Motschulsky,1857 ]

う〜〜ん、私は初採集なのだが、この Motschulskyという人は、1857年にこのムシを記載しているのだからタダものではないよね。

つまり、この人が採ったかどうかは知らないが、そんな昔にこんな変なムシに関わっていること自体が驚きである...。

まあ、どうでもいいや...。

さあ、どんどん行こうか。


クワガタ様...


あら...


あらあら...


ミヤマハンミョウ [ Cicindelasachalinensis Morawitz, 1862 ]

けっこうたくさん採れた...。

おおお、あれはイケマちゃま...。


一応、カミキリムシはいるようだ...

とは言っても、この天気、ピドニア系が優勢といった感じで...


基本的には、ニンフ、ニンファー、ニンフェスト...


たまにアカハナ...


ときにフタスジ...

まあ、イケマちゃまと言えば「あれ」なんだけど、いるかな?


おおお、これはおるで...


っしゃ〜!


ホソツツリンゴカミキリ [ Oberea nigriventris Bates,1873 ]

無事、今年も出会えた...。

さて、ここで一度車に戻り、腹ごしらえ...。

モグモグ@グビグビ...。

ふと、車の脇のアスファルト上に何か動く物体を発見。

なんじゃありゃ??

ゴッキ〜?


クワガタ様...

ここのは狙って採りにくいから、一応、泣きゲット...。

満腹中枢が満足した後、今度は「林」になりつつ、風上へ...。

しかし、アサギマダラだらけで、肝心の甲虫はまったく姿を見ることができなかった...。

ここで、びお班と偶然合流...。

びおさん達も天気に泣かされているとのこと...。


キアシルリオオズカッコウムシ〜〜〜〜!

あまりに悔しいので、最近採って嬉しかったムシの名前を叫んでみた...。

ここで、追い討ちをかけるように大粒の雨が降り出した...。

ああああ、ジ・エンドの予感...。

一目散に車の中へ避難し、ふて寝...。

びお班はイケマちゃまにホソツツを見に行ったようだ。

・・・ ふて寝.com ・・・

うううう、30分ぐらい寝たか...。

雨はすでに止んだようだ。

後ろを見ると、びお号が待機しており、中から満面の笑みを浮かべた びおさんが出てきた...。

「るどちん、るどちん」

おおお、こりゃ、きっと何かイイもの採ったな。

しれっとしとこう...。

「こんなの採れたよ!」

ほらきた!

「あるまん!」

だ〜〜〜〜! まぢ??

あああああ、ここで記録があることは知ってたけど、本当に採っちまうとは...。

『へ〜〜〜、まあ、ここには記録があるので、いるでしょうけどね...』

ああああ、強がり言っちゃった...。

うひ〜〜〜、おいらも採りたいぞ...。

早速、その採れた場所を見に行くと、なんとショボい環境...。

こんな場所で見つけた うめちゃんの千里眼は相変わらずスゴイとしか言い様がない...。

恐れ入りました...。

ということで、未練タラタラな私はもう少し「アナホジマヌム」を粘るとし、びお班は、未採集のムシを求めて下山する方向へ向かった。

で、結局、私は本命ヌルヌル...。

やっぱり、このところムシの女神様に見放されているようだ...。

潔くあきらめ、びお班を追いかけることにした。

途中、往生際悪くネキを狙ってみたが、ここでもヌルヌル...。

唯一の成果はサルナシのブッシュを叩いて落ちてきたホソカミリのみ...。


ホソカミキリ [ Distenia gracilis glacilis (Blessig,1872) ]

ああああ、もうダメだ...。

体力の限界でございます...。 >ムシの神様

あとは野イチゴでも摘ませていただきます...。


バライチゴ...

このイチゴは生で食べても甘くないので、ジャムにすることにした...。

そんなわけで、また来週...。

へなちょこの旅は続きます...。

びおさん、うめちゃん、お疲れさまでした。


ヨーグルトに入れると美味しいかも...

★★★ 採集成績 ★★★

ホソカミキリ、カラカネハナカミキリ、ヨツスジハナカミキリ、フタスジハナカミキリ、マルガタハナカミキリ、アカハナカミキリ、ニンフハナカミキリ、ニョウホウホソハナカミキリ、ヒゲナガモモブトカミキリ、クワサビカミキリ、ホソツツリンゴカミキリ、ヒメハナカミキリ各種、ここのドイちゃま。

ミヤマハンミョウ、アカガネオオゴミムシ、ヒメホソナガクチキ。

その他、超ビミョーなムシなど。

記載日:2006.08.18

 
back | home