2007 May

 

 
2007.05.02 (Wed)
YouTube...

YouTubeに今まで撮影した動画を順次アップしています...。

今のところ新しいネタはありませんが、今後、こちらにもアーカイブしていく予定です。

 

YouTube...
necydalis channel...

 

2007.05.03 (Thu)
リンクを更新

今回は4つのサイト様と相互リンクをさせていただくことになりました。

 → 海釣り入門の小部屋
   海釣り・自然の楽しさが紹介されています。

 → ◇スポーツで健康生活◇
   スポーツを中心に生活習慣病の予防の方法などが掲載されています。

 → いい旅信州★温泉気分
   信州方面への採集の際、温泉を探すのにとても参考になると思います。

 → Kトラ昆虫採集記 〜in大隅半島〜
   大隅半島をフィールドにされている actさんのブログです。ムシ関係充実。  

2007.05.04 (Fri)
羽脱...

昨年持ち帰ったヤマブドウの材から、本命が羽脱してきました...。

ハセガワトラカミキリ [ Teratoclytus plavilstshikovi Zaitzev,1937 ]

初めての材採成功で、とても感動しました。

この長い触角をプルプルさせる姿が何とも言えません...。

また、先日の島旅に持っていったカバンを整理していたら、カミキリムシが中に入っていました...。


ツヤケシヒゲナガコバネカミキリ [ Molorchoepania mizoguchii (Hayashi,1955) ]

生涯初採集種ですので、ラッキーでした...。

 

2007.05.06 (Sun)
雨のGW最終日、自宅にて...

ハセガワトラの追加個体が羽脱してきました...。

 

↑ 動画 ↑
QuickTime version : 約4.7MB (129 sec.)

 

あと、島の材箱から羽脱した新たな1種を記録としてここに載せておきます...。


クマタヒメコバネカミキリ [ Epania dilaticornis kumatai Hayashi,1961 ]

Epaniaの仲間は初めてですので、本種もとても嬉しい羽脱となりました...。

本種は春に出てきた成虫が材に産卵し、夏にもう一度出てくる年2化がみられるとのことです。

以前は春型(E.d. kumatai)、夏型(E. septemtrionalis shibatai)と分けていた時期もあったようですが、現在では両者は季節型として、E. d. kumatai1つとなっているようです。

 

2007.05.08 (Tue)
ちょっとだけ...

花を掬いに行ってきました...。

カエデノヘリグロハナカミキリ(*) [ Eustrangalis distenioides Bates,1884 ]

他、キバネニセハムシハナカミキリ、アカイロニセハムシハナカミキリ、ヒナルリハナカミキリ、ミヤマルリハナカミキリ、セスジヒメハナカミキリ、シロトラカミキリ、アカネトラカミキリ、ヒメクロトラカミキリ、ヤマトシロオビトラカミキリ、トウキョウトラカミキリ、トガリバアカネトラカミキリ、オダヒゲナガコバネカミキリ(*)、コボトケヒゲナガコバネカミキリ(*)、カエデヒゲナガコバネカミキリ(*)、コジマヒゲナガコバネカミキリ、オニヒゲナガコバネカミキリなどなど...。

*:生涯初採集...。

その他、ビミョーなムシなど。

 

2007.05.09 (Wed)
ハムシ...

先日のフィールドにて見つけたイタドリハムシです...。

 
イタドリハムシ [ Gallerucida bifasciata Motschulsky,1860 ]


↑ 動画 ↑
QuickTime version : 約0.6MB (15 sec.)

初夏を思わせるような陽気で、活発に地面を歩き回っていました...。

 

2007.05.11 (Fri)
GOKI...

豊かな森林に住むお方です...。

 
オオゴキブリ [ Panesthia angustipennis spadica (Shiraki,1906) ]


↑ 動画 ↑
QuickTime version : 約0.1MB (3 sec.)

う〜〜ん、私がこれまで生きてきた中で蓄積された「ゴキブリ」という概念を、ある意味一気に払拭した1頭でした...。

 

2007.05.13 (Sun)
小旅...

午後から晴れるということで、ちょっとだけムシの様子を見に行ってきました...。

晴れました...

道路沿いのコゴメウツギは美味しそうな状況です...。

いろいろなムシが訪花しています...。


トガリバアカネトラカミキリ [ Anaglyptus niponensis Bates,1884 ]

ああああ!

これは...。


カタキハナカミキリ [ Leptura femoralis (Motschulsky,1860) ]

っしゃ〜〜!

この華麗に流れる両サイドの黄色紋...。

出会うのに5年という歳月を費やしてしまいましたが、ようやく願いが叶いました...。

あれ??

なんと!


うおお、さらに強烈な...

いてくれてありがとうございます。

ということで、少々移動します。

・・・ 移動.com ・・・

今度はダメ元で林内へ入ります...。

しばし林内を散策し、やはりダメかと諦めかけた矢先、5メートルほど向うの細い立枯れに何かが着いています...。

もしかして...、


ああああ....、いてくれてありがとうございます...


マダラゴマフカミキリ [ Mesosa poecila Bates,1884 ]

別の場所では出会ったことがありますが、ここのは初めてです...。

本種もここまで5年かかってしまいました...。

もう胸もお腹もいっぱいです...。

ということで、フィールドをあとにします...。

で、帰りに立ち寄った場所にて...、

 
カタキハナカミキリ [ Leptura femoralis (Motschulsky,1860) ]


↑ 動画 ↑
QuickTime version : 約0.5MB (14 sec.)

何となくあてずっぽうで出かけたのですが、感動の一日となりました...。

いてくれたムシに感謝です。

★★★ 採集成績 ★★★

ツマグロハナカミキリ、カタキハナカミキリ、トガリバアカネトラカミキリ、キンケトラカミキリ、ヤマトシロオビトラカミキリ、ミドリカミキリ、コジマヒゲナガコバネカミキリ、オダヒゲナガコバネカミキリ、マダラゴマフカミキリ、クワサビカミキリ、コブスジサビカミキリ...。

その他、ビミョーなムシなど。

 

2007.05.14 (Mon)
ニホンザルとその落とし物...

先日のフィールドにてニホンザルを見ました。

彼らが立ち去ったあと、その場所には落とし物が...。

 
センチコガネ [ Geotrupes laevistriatus Motschulsky,1857 ]


↑ 動画 ↑
QuickTime version : 約2.1MB (78 sec.)

これは果たして転がしているのでしょうか、それとも単に戯れているだけなのでしょうか...。

それとも...。

 

2007.05.15 (Tue)
啄木鳥...

自宅の近所を歩いていると、上の方から「フィールドではしばしば聴く音」が聴こえてきました...。

「ココココ、コツコツ、ココココ...」

うむむ、ここは都心の真ん中なんだけどなぁ、空耳かな...。

いるわけないよな。

でも、やはり聴こえてきます。

音のする方をよく見てみると、なんと、音の主がいました...。


うひょ〜〜、キツツキです...

 
コゲラ [ Dendrocopos kizuki (Temminck,1835) ]


↑ 動画 ↑
QuickTime version : 約3.6MB (159 sec.)

よく観察すると、ケヤキの樹皮下にいるムシを採食しています。

こんな都心にキツツキがいて驚きましたが、このコゲラは市街地でも比較的普通に見ることのできる種類のようです...。

日本最小のキツツキ、本当に小さくて可愛いですね...。

 

2007.05.16 (Wed)
Black moth...

最近、自宅近辺で黒い蛾をたくさん見かけます...。

タケノホソクロバ [ Artona martini Efetov,1997 ]

植えられたタケがそこそこあるので、それらから発生していると思われます...。

それにしても蛾は種類が多く、本種を調べるのにも2日かかりました...。

蛾をやられている方々を尊敬します。

 

2007.05.17 (Thu)
メトロポリスの片隅で...

先日、雷雨の直前にちょっとだけ行ってきましたが、着いてすぐに大雨となりました...。

 
ルリカミキリ [ Bacchisa fortunei japonica (Gahan,1901) ]


↑ 動画 ↑
QuickTime version : 約0.2MB (5 sec.)

一応、出会うことができましたが、次回はもう少し違う表情を撮影してみようと思います...。

 

2007.05.20 (Sun)
セレブなルリカミキリ...

素晴らしい五月晴れとなりましたが、体力的に遠出はキツイかなぁと、近場で散策をすることにしました...。

東京の都心でも屈指の一等地へ行ってみます...。


う〜〜む、こんなヒルズな場所にいるだろうか...

天気がいいからか、しばらく歩いているとアゲハ、アオスジアゲハ、スズメバチ、クマバチ、他各種の昆虫類が視界に入ります...。

何気に虫影は濃いです...。


イチモンジセセリ...

で、それらしい植え込みを発見し、近くへ寄ってみると...、


いた...


至る所にいます...


っしゃ〜

 
ルリカミキリ [ Bacchisa fortunei japonica (Gahan,1901) ]


↑ 動画 ↑
QuickTime version : 約1.0MB (27 sec.)
YouTubeの画像は荒れてしまっているため、こちらがお勧めです

以前から「いる」という噂話は聞いていたものの、今回ようやく自分の目で確認することができました...。

傍から見ればたいした成果ではないと思われますが、私にとっては記憶に残る休日となりました...。

それにしても、こんな一等地に住んでいるなんて、羨ましいですねぇ...。

 

2007.05.21 (Mon)
江戸前なルリカミキリ...

本日も東京23区内のルリ探索です...。

情報はまったくありませんが、「いるだろう」という思い込みの元、江戸前方面へ行ってみます...。

生まれて初めて足を踏み入れる場所です。

今日は時間があまりないので、早々に突入します...。


レッドロビン(セイヨウベニカナメモチ)はそこそこあります...

前回の場所と同じく、各種の昆虫類が飛び交っています...。

ここも虫影は比較的濃いようです...。


食痕です...

これはビンゴかな、と周囲を念入りに見回します...。

わ〜〜お!


ビンゴです...


予想通りで感激です...


個体数も多いです...


比較的パラダイスと言えるでしょう...


ただ、日陰にいるので、写真は撮り難いです...

 
ルリカミキリ [ Bacchisa fortunei japonica (Gahan,1901) ]


↑ 動画 ↑
QuickTime version : 約2.2MB (61 sec.)

今回はまったく情報なしの探索だったため、普通種とは言え発見できてとても嬉しかったです...。

本種はホストとそれなりの緑地環境があれば、逞しく生きていけるカミキリムシのようです。

もう何ヶ所か目星を付けている場所がありますので、時間があれば廻ってみようと思います...。

 

2007.05.22 (Tue)
素敵な出会い...

本日はキマルの住む森を案内していただきました...。



フタスジカタビロハナカミキリ [ Brachyta bifasciatus japonicus (Matsushita,1933) ]

本種はこの時期に森の中でひっそりと咲くヤマシャクヤクに訪花することが知られています...。

透き通るようなレモンイエローとブラックのコントラストが大変美しいカミキリムシです。

見つけるまでの行程はけっこうきつかったですが、数年前に四国で出会って以来の再会でしたので、胸にぐっとくるものがありました...。

いてくれたこと、案内していただいたことに感謝いたします。

ありがとうございました。

PS: 動画も撮りましたが、ほとんど動かない(静止画と変わらない)ため、掲載は見送ることにいたしました...。

 

2007.05.27 (Sun)
ということで...

行ってきました...。

>>> 島でアイランドな旅 04... <<<
へなちょこカミキリロード 2007

梅雨がビミョーなため、今回は肩の力を抜いての島旅です...。

 


 
backhome