2008 September

 

 
2008.09.01 (Mon)
ということで...

大変ご無沙汰しております。

早いもので、もう9月になってしまいました...。

8月はモロモロの仕事、作業などで更新をさぼってしまい、申し訳けございませんでした...。

ちょっとテンション下がり気味ですが、ペンディングしておりました下記の採集記も執筆を開始しようと思います。

・南の島の風に吹かれて 04...

・霊峰、亜高山帯に宿る神々...

このところ天候が不安定でタイミングが掴み難いですが、9月は天気が良ければ採集にも出かけるつもりです。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

2008.09.02 (Tue)
ということで...

大変お待たせいたしました...。

>>> 南の島の風に吹かれて 04... <<<
へなちょこカミキリロード 2008

 

2008.09.08 (Mon)
ということで...

大変お待たせしました...。

>>> 霊峰、亜高山帯に宿る神々... <<<
へなちょこカミキリロード 2008

 

 

2008.09.11 (Thu)
ということで...

「♪ 風が〜冷たくなって 冬の〜匂いがした ♪」

先日、そんな中島美嘉氏の歌に誘われて、今年も大虎さんのご尊顔を拝しにノコノコ出かけてみましたが...


↑ 動画 ↑
QuickTime version : 約27.5MB (32 sec.)

 

見かけたのは、ハナムグリ、タマムシ、このヘビ様ぐらいでした...。

初めてお会いするセブン上司さんなど、猛者の皆さんが集まっても誰一人として見ることがなかったので、今年は厳しそうです...。

秘かに楽しみにしていたキマワリさんもまったく姿無く、本当にこのまま雪が降ってしまいそうでした...。

その前にもう一度ぐらいどこかへ行こうとは思っていますが...。

はてさてどうなることやらです...。

 

2008.09.15 (Mon)
ということで...

大分県湯布院町にある亀の井別荘「鍵屋」で売られている「粒マスタード」が大変美味しかったので紹介します...。

最初はお土産にもらったものですが、追加で注文してしまいました...。

*通販可能ながらHP上からは注文できず、別途メールで行いました...。

で、味はマスタードとは言っても、つ〜〜んとくるカラシの成分はほとんどなく、マスタード種を林檎酢、ハチミツに漬けたもののようで、酸味が好きな方には合うと思います。


同じく湯布院の「無量塔(むらた)」という山荘の粒マスタードも有名なようです。

今度食べ比べてみます。

湯布院、恐るべし...。

 

 

で、この土日は島への訪問日でしたが、台風が来ていたため、採集はほとんど諦めておりました...。

しかしながら、スピードがかなり遅く、あまり影響がないようなので、今回は地元の方々とハブの棲む夜の森へ突入してきました...。

意を決して薄暗い林内へ入ります...。

ビクビクしながら斜面を登った辺りでどっぷりと日が沈み、周囲は真っ暗、一切の方向感覚が無くなりました...。

遭難の恐怖、ハブの脅威に常に晒されながら、大汗で林内を徘徊していると、「お〜〜い」と呼ぶ声が...。


おおお、これが...


アマミマルバネクワガタ
[ Neolucanus protogenetivus protogenetivus Y.Kurosawa,1976 ]

 

ということで、この貴重な「島の山の幸」を、1つだけお土産に採らせていただきました...。

漆黒の闇の中で蒼黒く輝くとても格調の高いムシです。

ちなみに独特の匂いがあります。

一生採ることはないだろうと思ったムシでしたが、今回ご好意にて出会うことができました。

このような機会をいただき、心より感謝申し上げます。

 

2008.09.23 (Tue)
ということで...

朝まで「O虎」をどうするか迷っておりましたが、結局、大手町のフェアに行くことにしました...。

昨年は大手町に行けなかったので、2年ぶりの参加ということになります。

現地に着くやいなや、ものすごい熱気で、移動するのも大変なほど多くのムシ屋さんでごった返しておりました...。

普段はあまり感じませんが、この光景を見ると、ムシってけっこう人気あるじゃん...、と毎度思います。

で、今回の私の目玉は「世界のタマムシ大図鑑」でした。

これはかなり高価な図鑑で、メインの採集対象ではないため、今まで購入を控えていたのですが、箱無し、表紙カバー無しの新品が、なんと定価の約1/3ほどの値段で出ていました。

ということで、滅多に無いチャンスとゲットすることにいたしました...。


やっと入手...

 

知り合いのムシ屋さんも多くいらしていたので、もっとお話ししたかったのですが、諸般の事情で早く引き上げることになったのが誠に残念でありました...。

ともあれ、ムシ屋のパワーは凄い、ということをダイレクトに感じることのできた一時でした...。

 

2008.09.29 (Mon)
ということで...

気温も下降傾向で、めっきり秋が深まってきました。

このところ諸般の事情で採集はちょっと小休止な状態です...。

そんな中、本日は千葉方面へ行ってきました。

採集目的ではなかったのですが、現場にはアカマツが良い間隔で生えていて、別件を行いつつも樹皮をチラチラと眺めておりましたところ、多数の羽脱孔があるのを発見...。


多分、ノトリナさんですね...

 

時期が遅いためかムシは何も見つかりませんでしたが、シーズン中に来ればおそらく出会えたでしょうね。

機会があれば、来年チェックしてみます。


う〜〜ん、秋ですねぇ...

 

採集的には不甲斐ない状況が続いておりますが、この冬は採集記の執筆意欲が高まる予感ですので、今しばらくお待ちいただければ幸いです。

 


 
backhome