オオアオカミキリ  Chloridolum thaliodes BATES, 1884
カミキリムシ科
カミキリ亜科
アオカミキリ族
オオアオカミキリ属
オオアオカミキリ亜属

今回は、オオアオカミキリの同定をしてみる。

これは秋田県にて多数採集したうちの最大個体で、採集時の同定はオオアオカミキリである。

オオアオカミキリは、サワグルミを主なホスト(他はドロノキ、ハルニレなど)とし、夕刻に活動が活発となるカミキリムシとして知られている。

ほぼ日本全国に分布し、日本海側の個体は体色の緑色が濃い傾向があるようだ。活動期は7−9月と言われる。

日本産カミキリムシの中でもとりわけ根強いファンが多く、トップランクに恰好良いカミキリなのではないだろうか。

【採集データ】
秋田県 2001.07.25 サワグルミ伐採木上

体長は33.7ミリ

 → 採集記


小あご

カミキリムシ科→カミキリ亜科は省略する。

オオアオカミキリは「アオカミキリ族」に属し、この族の特徴を決定づけるのは、「小あご(maxilla)」の形態であるようだ。

というわけで標本をひっくり返して、小あごを観察してみる。

図説によれば、小あごの外葉、小あごひげの中間節の形態が鑑別点となるらしいが、少々細かい事項なので、ここでは詳細を述べないことにする。
ちなみに、この個体は図説の通りであり、アオカミキリ族とした。


触角第1節端

オオアオカミキリ属・ジャコウカミキリ属とアオカミキリ属を分けるポイントは、触角第1節端の「尖り具合」と書かれている。

オオアオカミキリ属・ジャコウカミキリ属は、このように第1節端が棘状に尖っている点が特徴(矢印)。

一方のアオカミキリ属では、丸くなっているとのことだ。
次に、オオアオカミキリ属とジャコウカミキリ属を鑑別しよう。


後肢腿節

それには、後肢腿節の長さに着目する。

一般的にオオアオカミキリ属の場合、写真のごとく後肢腿節遠位端が上翅端を越える(♀ではやや届かないこともある)とのことだ。

ジャコウカミキリ属では、「はるかに届かない」となっているため、鑑別は容易と思われる。
これで、オオアオカミキリ属ということが分かった。


上翅尾側端

オオアオカミキリ属には5種が属しており、まずアカアシオオアオカミキリを除外する。

上翅尾側端を見てみると、この個体では「狭く丸く」なっている。

アカアシオオアオの場合は、先端が棘状に尖るのだが、それとは明らかに異なる。

もっともアカアシオオアオは名前のごとく、上翅以外は赤褐色であるため、見間違うことはないだろう。


後肢符節

さらに、ミドリカミキリとの鑑別を行なう。

左がミドリカミキリ、右が本個体の後肢符節である。

ミドリカミキリの後肢符節第1節は、非常に長いのが特徴であるそうだ。

一方のオオアオカミキリでは、同部が「やや長い」という主観的な要素が入っている。
という理由により比較対照写真を載せたのだが、ミドリカミキリと比較して、本個体の第1節は短く「やや長い」としても良いだろう(矢印)。


前胸背板・小循板

最後の鑑別点は、前胸背板と小循板である。

これにより、オオアオカミキリとオオシマミドリカミキリ・ヤクシマミドリカミキリを分けることになる。

オオアオカミキリの前胸背板には、中央後方(白矢印)に1つと、両側(黄矢印)に1対の隆起があるそうだ。

後2種では、それがない。

この写真では判別しづらいかも知れないが、実際には隆起がある。


そして、小循板を見る。

オオアオカミキリの小循板は、「点刻が密であり、光沢に乏しい」とのことである。

後2種では、「まばらに点刻され、光沢がある」であることから、この個体はオオアオカミキリとして矛盾しないだろう。

以上より、オオアオカミキリであることが決定し、誤同定ではなかったことが判明した。


エピローグ

このような同定作業を始めて実感するのだが、今までは本当に「絵合わせ同定」に頼っていたため、カミキリの本質を見逃していたような気がする。

要するに、「見ているようで見ていなかった」ということだ。

少しずつでも知識を蓄えていけるよう、コンスタントに勉強していきたいと思う。

記載日:2001.08.25

戻る